デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年07月01日

Blocklyを使って自動運転プログラムができないか? その9

Education Platformの紹介資料をサクッと書いてみました。

EducationIntro.png

https://desktopstation.net/bin/20190701_EducationPlatformIntro_rev0_jp.pdf

実はまだ全く書き終わって無く、キハ40の自動運転プログラムは近日中に書きたいと思います。と言っても、ブロックを組んでいくだけなので、デバッグさえ問題なければすぐに書き終えてしまうと思いますが・・・。

その他、ところどころ抜けてるので、書き足していきたいと思います。

そういえば、本家本元のScratchですが、3.0からGoogle Blocklyベース(+Node.js)になったらしいですね。昔は違う開発環境だったようです。Education PlatformもBlocklyベースなので、やはり、考えることはどこも一緒なのだなと思う次第です。

JavaScriptは、今後、どんどん伸びていくでしょうね。やはりブラウザとの相性が最強、実行もかなり速いというのが大きいです。WebAssemblyも本格普及の兆しですし、どんどんJavaScript実装になりそうです。

DSair2のアプリをHTML5+JavaScriptにこだわったのは本当に大正解だったと思います。これができたのも、FlashAir W-04があったからこそです。

--------------------------

■残りのTodo

・英語対応
・バグ取り
・サクッと使える短い音ブロックの追加(プルダウンで選べるようにする)
→警笛、踏切、ブザー、手笛、ドア開、ドア閉、ブレーキ解放、スキールくらい?
posted by yaasan at 22:01 | Comment(0) | 鉄道模型

次世代居酒屋セットを考える その2

先月、次世代居酒屋セットを考える という投稿で、Type-Cの電源アダプタを使って、15Vや12Vを直接取り出すと良いのではと書きました。

モバイルバッテリで、Type-C対応し、15Vを出力できるもの(Type-Cは仕様が多く、15Vには対応していないケースもあるため)を使えば、HOには問題なく使用できるようになるわけです。Power Delivery出力に、15Vが書かれていることを確認しましょう。また、何の出力に対応しているか調べるデバイスもあります。

次世代居酒屋セットについては、LOCKEさんがツイッターで既に実装例を紹介しています。




実は私も同じものを買っておりまして、二番煎じでやってみました。買ったのは、Aliexpressのショップで、どうもLOCKEさんのものと同じです。

赤枠のところのジャンパーのパッドを両方ともオープンにする(半田付けしない)と、15Vが選択されるようです。デフォルトは片方だけショートで、5Vが選択されるようです。もう片方だけをショートすると、12Vか20Vが選択されるのかもしれません。

TypeCAdapter1.jpg

今回は15Vが欲しいので、両方ともオープンにしておきます。

TypeCAdapter2.jpg

Ankerの横型GaNを使ったACアダプタPD-1で試します。

TypeCAdapter3.jpg

電圧もバッチリです。

TypeCAdapter4.jpg

TypeCAdapter5.jpg

本当は、DCジャックにしてくれるケーブル型のアダプタを2本も注文していたのですが、何故か同梱されておらず。今、クレーム中です。

■注意点

Type-C型の電源供給でも、突入電流などの影響やショート・過電圧を考慮しなければなりません。
特にDSmainR5に入っているような、Gゲージ向け対策に大容量コンデンサを内部に仕込んでいると、USB Type-C Power Delivery(PD)のアダプタの電源容量にも依りますが、突入電流保護に引っかかって、電源供給がSTOPする場合があります。

通常のDSair2であれば大きな問題にはならないはずですが、色々と電源を改造している方はお気を付け下さい。と言うのも、ウチの一部のDSair2に大容量コンデンサをテスト用に仕込んでいて、Type-Cでの供給がうまくできませんでした。
posted by yaasan at 07:08 | Comment(2) | 鉄道模型

オープンサウンド応援イベントin大阪亀屋 2019年7月21日(日)

2019年7月21日(日)に、大阪の亀屋さんにて、オープンサウンド応援イベントが開催されます。オープンサウンドデータとDCC電子工作連合、DesktopStationも後援させて頂いております。

7月21日から、大阪の模型屋さんである亀屋さんで、オープンサウンドデータの書き込みサービスが開始されるため、サウンドの試聴なども可能です。なお事前登録制のため、参加の可能性のある方は必ず、登録をお願いします。事前登録がない場合は参加できません。

8月31日に東京のホビセンでオープンサウンドデータのイベントを開催しますが、関西圏の方の参加は遠距離で難しいと思いますので、ぜひともこちらへの参加をご検討くださいませ。

■イベント情報

日時:2019年7月21日(日曜日) 13時〜16時
場所:
亀屋さん(大阪日本橋の模型店&レンタルレイアウト)
大阪市浪速区日本橋3-6-22 布谷ビル7F
最寄駅: 地下鉄・私鉄各線 難波,日本橋,恵美須町

内容:HO(16.5番)を中心とした(=限定では無い)DCCサウンドの走行、視聴、情報交換
主催:DCC鉄道管理局(JDCCRAB) うえだねじろう様

※終了後、懇親会が開催されます。

■参加方法

下記ツイッターアカウントにDM等で通知、またはデジタル鉄道模型フォーラムの該当スレッドにて参加表明を記入してください。

https://twitter.com/jdccrab

------------------------------------------

オープンサウンドデータ&DCCサウンドでもっと鉄道模型を楽しく!イベントを活用して、もっともっと楽しくしていきましょう。
posted by yaasan at 06:19 | Comment(0) | 鉄道模型