2019年07月29日

片軸集電は自動運転にはキツい?

でんてつ工房さんの東武8000系 2R(2両編成)で、自動運転プログラムを作ろうと思っていろいろやっていたのですが、集電不良多発で、それどころじゃない状況になってしまいました。いつも言っていますが、自動運転は集電不良との戦いです。集電不良は即、自動運転終了(最初からやり直し)に繋がります。

以下の対策を実施済みです。

・IMONのIS通電カプラーも装着済み。
・線路はひたすら磨いた(KATOのUNITRACK用クリーニング液使用)
・車両の車輪も磨いた(走らせて汚れを取るクリーニング線路を使用)

なお、同じ線路を、トラムウェイのキハ40で走らせると何事も無かったように走ります。
T車の車輪を指で回してみると、KATOの台車だと軽々回り続けますが、東武8000の場合はあんまり回りません。すぐ止まります。転がり抵抗が全然違うようです。この動力システムは、エンドウのMPギアというタイプのようですが、私は経験が足りないので、何か見落としていたり、DCC化改造時にやらかした可能性もありそうです。

ブラスモデルは重たいから集電性能が良いだろうと思い込んでいましたが、まさかの片軸集電でかなり条件がきつい事、通電カプラーも微妙な条件もありそうということが見えてきました。これで自動運転を実現するのは、ノウハウを積んでいかないと、そこそこハードルが高い挑戦なのかもしれないです。ちょっと、原因究明や対策を研究していきたいと思います。

ブラスモデルで片軸集電車両を1両で走らせている人は、いったい、どんな集電対策をしているのか、とても気になります。

大丸2️追記

通電カプラがどうもおかしいようです。かなり接触が悪いようです。
横置きすると問題ありませんが、線路に置くと通電しない…。最初から通電カプラは当てにせずにコネクタ接続にしようと思います。
posted by yaasan at 21:02 | Comment(10) | 鉄道模型

ExpBoard for GeneralHO (旧Tomix HO)の作成

汎用HO車両向けのExpBoardを開発中です。旧Tomix HO向けでしたが、動力車のモータ引き出し改造に心が折れたので、汎用HO車両向けにリニューアルしております。

TomixHO向けは処分価格にしてしまったこともあってか、あと残り10枚を切ってしまったので、欲しい方はお早めにどうぞ。たぶん、このままだとお盆休み前に無くなるだろうと思います。

サイズは、46x12.5mmです。右端の謎の回路をカットすれば、37x12.5mmに縮まります。

ガーバーデータから生成した基板画像:
ExpBoardT2_3.png

ExpBoardT2_2.png

mbeの回路作成中のキャプチャ:
ExpBoardT2_1.png

■ExpBoard for General HOのコンセプト

・幅を12.5mmで維持していて、何とかNゲージも入るかも知れない(保証はしない)
・幅を12.5mmにしているので、一応、TomixHOの室内灯のスペースに入らないことも無い(保証はしない)
・謎の回路を使うと、もしかすると、AUX3,AUX4を使ってサーボモータを動かせるかも知れない(保証はしない)
・スピーカー、AUX1,2が引き出されているので、サウンドや室内灯などもバッチリ
・ヘッドライト・テールライトももちろんパターン引き出し済み
・配線名が書かれているので、見やすい。ただし基板スペースを食うので、基板サイズも小型化・最適化したい人はDCC館のNext18 Adapter Boardを推奨。
posted by yaasan at 09:24 | Comment(0) | 鉄道模型