デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年10月10日

エクスペリメンタルサウンドデータ E233 中央線

オープンサウンドデータの品質には達していない、エクスペリメンタルサウンドデータとして、E233中央線を作ってみました。

※エクスペリメンタル=実験的な

E233.jpg

オープンサウンドデータと比べると非常にプアな完成度ですが、とりあえず実験的に出してみるかということで作ったものです。リビジョンは5まで上がってますが、完成度が低いです。収録し直しの音が何個もあります。しかしながら、私は完成度が低くても平気で出す人間なので(基板や製品を見ていただければおわかりのとおりですが)、このサウンドデータには期待しないで聞いてみてください。他の会社さんでも、LokSound向けにE233サウンドを既に有償で出されてるみたいですが、私は聞いたことがないので比較のしようがないです。知っている方がいれば教えて下さい。

このサウンドデータのベースは京王1000系で、かわけい様の東洋GTO VVVFのサウンドシーケンスから構築し、E233の音源データに当てはめて調整したものです。E233の音源のベースは、ともん一刻様です。MB様にも、ちょっとアドバイスを頂きました。ご協力、ありがとうございます。その他の音は、私が収録しました。

ぶっちゃけると、東洋GTO VVVFと音の時間も速度も結構違うので、かなり大調整になってしまいました。同じVVVFとはいえ、音の領域が全く異なるので、シーケンス自体は同じでも、時間や速度のパラメータはかなり変わりました。

■ダウンロード

JRE233_rev5.zip (10MB, LokSound5シリーズ専用)

Revision 5(2019/10/10)

※実験版です。入念なテストはされていません。第三者のチェックも不十分なものです。
※配布条件はオープンサウンドデータに準じます。

■ファンクション一覧
F0 前照灯・尾灯
F1 Sound ON・パンタ上・MG
F2 警笛(電鈴)
F3 未使用
F4 hift
F5 非常ブレーキ
F6 未使用
F7 音量(5段階)
F8 線路継ぎ目音
F9 通過放送/車内アナウンス
F10 フランジ
F11 開扉→乗降促進アナウンス→閉扉
F12 開扉→ベル・手笛→閉扉
F13 未使用
F14 未使用
F15 CP強制起動

※著作権に抵触しそうな音はわざと消してます。
※発車メロディが聞きたい人は、自分でCDを買ってMP3化した上で、DSair2のFlashAirカードにMP3をおいておけば、スマホのアプリから簡単に鳴らせます。私はいつもそうしてます。

■動画



※E233を保有していないため、車両はTomix HO E231です。

E233_rev5_demo20191011.jpg
posted by yaasan at 22:34 | Comment(0) | 鉄道模型

DSair2のI2Cバス機能の実験

DSair2に、ミント缶を接続してスロットル代わりに使う実験を行ってます。Wi-Fiがキツくても、ミント缶でとりあえずDSair2を操作できてしまうというところが目標です。

細かいハード仕様、ソフト仕様は、wikiに書いていくつもりです。

使うのは、OLED用に付けておいたI2Cピンです。これを拝借します。

DSair2_i2cbus5.jpg

ケースに穴開けして、以下のように取り付けました。

DSair2_i2cbus4.jpg

DSair2_i2cbus3.jpg

ミント缶ととりあえず繋げてみた。まだ通信ソフトは完成してません。

DSair2_i2cbus2.jpg

DSair2_i2cbus.jpg

懸念事項としては、I2C通信がFlashAir通信(SPI)とケンカしないかが挙げられます。もしダメなら、FlashAirを抜いたときだけ有効にするとかになりそうです。

Arduinoは通信周りがとても貧弱で、CPUをかなり酷使するのが一番の欠点です。DMAや、FIFOが付いていれば、かなり違ってました。こういうところは、ルネサスの方が一歩上手ですね。

I2C機能も、需要が無ければスパっと切ります。まずは実装してみて、評判を見て行きたいところです。
posted by yaasan at 08:46 | Comment(0) | 鉄道模型