デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年03月29日

オープンサウンドデータ E353系

エクスペリメンタルサウンドデータで公開していたE353系ですが、VVVF音などを調整したりなどして、個人的に満足できるレベルに達した(まだチューニングは続けるつもりですが)ので、とりあえずオープンサウンドデータ名義で公開することとしました。

JREStamp_9.jpg

■協力

ともん一刻さま、かわけいさま、MBさま、うえだねじろう様

■ダウンロード

JRE E353系 特急電車のサウンドデータ

■変更内容

・E233のVVVF音をベースに、ピッチ調整を行ってE353系の起動音のピッチに近いように調整しました。
・停止直前から、空気圧系の音が出るようにしました
・F3にAW-5の警笛を追加
・F3にあったAUX1はF1に連動するようにした
・発車ベル2を追加
・一部の長いアナウンスを削除し軽量化(MP3に移行)
・停車中の空気圧系の音を分割してランダム再生にすることとした

■ファンクション

F0 前照灯・尾灯
F1 Sound ON・パンタ上・MG,AUX1(室内灯)
F2 警笛(電鈴)
F3 警笛(AW-5)
F4 shift
F5 非常ブレーキ
F6 ATS
F7 音量(5段階)
F8 線路継ぎ目音
F9 緩解音
F10 フランジ
F11 開扉→手笛→閉扉
F12 開扉→ベル1・手笛→閉扉
F13 開扉→ベル2・手笛→閉扉
F14 出発アナウンス
F15 車内チャイム
F16 非常停止ボタン
posted by yaasan at 17:23 | Comment(0) | 鉄道模型

LokProgrammer 5.0.12でDPI絡みの処理が変わったので直し方をまとめてみた

LokProgrammer 5.0.12が先日公開されましたが、更新履歴には書かれてませんがDPI絡みの処理が変わったようです。

普通にインストールして動かすと、私のようにフルHDサイズ(1920x1080)の解像度で、フォントを150%に拡大している人(富士通のWU2ではデフォルト設定)は、以下のようになってしまうはずです。

LP5012_3.png

押せないボタン、表示が切れる文字など、意味不明な事になってます。しかしご安心を。これから説明する方法を使うと、以下のように元通りにできます。

LP5012_4.png

それでは説明します。

原因は、Windowsの画面解像度と、その自動調整を行うフォント設定です。ディスプレイの設定のコイツが一番の犯人です。

LP5012_0.png

しかし、これを100%に戻すと、文字が非常に小さくなってしまい、非常に使いにくい。なのこのままにしておきたいところです。

インストールすると、デスクトップにLokProgrammerのアイコンがあるはずです。それを右クリックしてプロパティを選びます。

LP5012_5.png

プロパティが出てきたら「互換性」のタブを押すと、以下の画面になります。

LP5012_1.png

ここで、「高DPI設定の変更」のボタンを押します。この中で重要なのは赤の矢印で示したところで、特に一番下の「高いDPIスケールの設定を上書きします」をチェックし、「システム(拡張)」を選びます。
これで設定完了。OKを押して保存します。

LP5012_2.png

これで、画面が崩れるのは解消するはずです。なお、全ての人に出るわけでは無く、私のようにフォントのスケーリングを変えてる人に出てしまうと思います。

----------------------------

なんでこんな問題が出てきたかというと、ESUの中の人が、VisualStudioの以下の設定を弄ったからです。
画面は、DesktopStationSoftware(C#で実装)ですが、LokProgrammerも.Netで実装なのでたぶんC#かC++/CLIのどっちかだと思ってます。

LP5012_6.png

この設定、DesktopStationSoftwareで切り替えるときも結構苦労しました。内部で、色々とサイズや配置の自動調整するルーチン組んでいるんですよ。設定をちょっと変えて終わるもんじゃないんです。ESUの中の人も、もうちょっと考えて欲しかったなあと思います。
posted by yaasan at 09:06 | Comment(0) | 鉄道模型