デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年05月24日

WioTerminalを使った新コマンドステーションの検討

FusionPCBでお馴染みの、Seeeedstudioから、今年の4月に発売されたM5 Stack対抗のLCD付きデバイスであるWioTerminalを入手したので、早速、DCCコマンドステーションを検討してみました。

結論からすると、DCCの用途向けとして考えると、M5Stackは前世代のものになってしまった。WioTerminalの方が良いというところです。

M5Stackとの大きな違いは以下の通りです。

・ラズパイの拡張コネクタ(40pin)と互換

面白いところに着目したなとビックリです。Arduinoと互換するより、WioTerminalの性能や機能だと、ラズパイの拡張コネクタの方がしっくりくるのは完全に同意です。

・Seeedstudioが推し進めるGroveモジュールに対応

ただのI2Cをベースにしたコネクタ規格です。キーボードとかセンサーがたくさん出てるので、カスタマイズして面白いものにアレンジできると思います。

・マイコンが自由に使える

M5Stackは、ESP32のWi-Fiモジュールの内部マイコンを使って頑張ってソフトを実装しますが、WioTerminalはMicrochipのATSAMD51 CortexM4 120MHzのマイコンがホストMCUとして自由に使えます。Wi-Fiモジュールは蟹さんマークでお馴染みのRealtekの物ですが、こちらの内蔵マイコンは基本的にタッチする必要はありません。
しかもこちらは、マイクロコントローラです。ESP32側はアプリケーションプロセッサ。IOの制御などの精度や応答性は圧倒的に劣ります。また、ESP32はWi-Fiの処理も同居しているので、いろいろと制限されており、できることは意外と制限されてました。

------------------------------

ということで、DSair2のファームウェアをベースに、WioTerminalへの移植をしてみました。
Wi-Fi機能は削除してます。今のところ、WioTerminalのWebサーバー機能があるのか、そもそもできるのかは不明なので対応しません。単独運転操作とPCからの制御の2つに絞って動かしていきます。

WioTerminal_2.jpg

DCCパルスを出すテスト。58usと105usで、問題ありません。まだWioTerminal用の基板を作ってるわけでは無いので、モータドライバ無しの3.3Vレベルです。

20190805110508.png

20190805110449.png

WioTerminalをコマンドステーションにするための基板の外形図を作って見ました。もうちょっと練って、基板を試作したいと思います。ボタンやLCDが付いてるので、エンコーダだけ付けておけば、一通りのことはできそうです。

AW_r0b_DSwio.png

一応スケッチを置いておきます。まだDesktopStationのシリアルコマンドしか反応しません。

DSwioFirmware_20200524.zip
posted by yaasan at 17:09 | Comment(0) | 鉄道模型

コマツのディーゼルエンジン

オープンサウンドデータのデータ強化に、今一番力を注いでいます。と言うのも、航空便が大幅に減ってることで、量産における基板製造が上手くいかないことから今後のコマンドステーションの戦略が大幅に遅延している事が原因ですが・・・。こちらについては、DSair2の再生産と、WioTerminalベースの次世代機、DSmainR6の3つで対応していこうと思っております。

また、DCCにはいろいろな楽しみ方があり可能性は無限大であるのですが、たぶん一番、最初に注目されるのはDCCサウンドであろうと思います。最初に注目されるものが魅力的であることが、DCCのイメージを作ることになります。魅力的なサウンドデータが必要十分、つまり多くの人にとって好きな車種のサウンドデータがあるという状態にあれば「DCCサウンドやってみようかな」という気持ちになるわけであります。

さて、サウンドデータ強化について、いろいろ調べると、ディーゼル走行サウンドを作ると同じエンジンの車種に横展開できることが分かってます。特に、コマツのディーゼルエンジンに絞ると、西日本を中心にかなり広まっていることが見えてきます。DMF11(SA6D125H)とDMF15HZ(SA6D140HE)という2つになります。

ディーゼル車は、多くが単行から2両〜3両と、HOでもお財布にも場所的にも都合が付きやすいです。
スピードを遅めにすることで、単純往復や、ポイントを数個置くだけでも結構楽しいです。

SA6D125H (DMF11)

・智頭急行 HOT7000系
・四国2000,N2000,TSE →四国の方に依頼中。その他有志の参加も歓迎。
・北近畿タンゴ鉄道 KTR8000系
・JR北海道キハ281系,283系

→先日のHOT7000サウンドの公開で、上記の車種のドア開閉音やブレーキ緩め音等を収録することでDCCサウンドデータの追加が可能。

hot7000_1.jpg

SA6D140HE (DMF15HZ)

・JR西日本 キハ187, キハ189
・JR四国 2600系, 2700系
・JR東日本 E120,E130系

→ディーゼルサウンド収録作業を検討中。

-------------------------

古いディーゼルエンジンの主要なもの(DMH17,DML30HSE,DMF15HSE)は、既にオープンサウンドデータ化されております。キハ261系の新潟鉄工所(IHI原動機)ベースのDMF13HZも対応済みです。ここに、コマツ系エンジンを追加することで、より多くの日本のディーゼル車のDCCサウンド化を実現できるわけです。

残るは、JR東海系で使われるカミンズのディーゼルエンジンですが、こちらも順次、有志の協力の下、収録して対応して参りたいと考えております。
posted by yaasan at 09:46 | Comment(0) | 鉄道模型