2020年08月22日

DSwatchの側面カバーを作ってみる

DSwatchの側面はスカスカなので、カバーを作ってみることにしました。もともと、側面カバーを付けるように設計されてないので、結構無茶ですが0.8mmほどの薄いものにすることで実現させました。

実はこの側面カバー、秋月電子のC基板のアクリルと、基板に互換サイズで設計しています。なので、C基板サイズでピッタリ作ってる人は、この側面カバーが流用できます。最後に、STLファイルと、FreeCADのファイルの2つをダウンロードできるようにしてありますので、各自ご自由にお使いください。データはCC0を宣言します。

さて、使ったソフトはFreeCAD 0.18です。四角スケッチを作って四隅を丸くして、一回り小さい同じものを作って厚さ0.8mmとなるように調整して、あとはDCCフィーダコネクタ部分が当たらないようにくり抜きました。

DSwatchSideCover_cad1.png

FLASHFORGEのAdventure3に流し込むためのスライス済みデータをFlashPointソフトで作成。そのまま3Dプリンタに送信して出力。おおよそ1時間です。

DSwatchSideCover_cad2.png

出力結果とDSwatchの比較。

DSwatchSideCover1.jpg

ラフトをとりました。

DSwatchSideCover2.jpg

側面カバーを付けてみた。問題無さそう。でも少し薄いのでぺこぺこします。

DSwatchSideCover3.jpg

DSwatchSideCover5.jpg

ネジ止めして完成。

DSwatchSideCover4.jpg

以下、今回作った設計データと、印刷用のSTLファイルです。CC0。ご自由にお使いください。

FreeCAD設計ファイル:DSwatchCase_rev1.FCStd
STLファイル: DSwatchCase_rev1.stl
posted by yaasan at 11:34 | Comment(0) | 鉄道模型

オープンサウンドデータ アップデート&登録店の追加

オープンサウンドデータ公開データのうち、以下の2点をアップデートしました。クリエイターのパシフィック様、ありがとうございます。

JRW 207系 1000番台 東芝GTO VVVF
JRW 225系 東洋IGBT VVVF

どんどん広がるオープンサウンドデータ!
posted by yaasan at 06:51 | Comment(0) | 鉄道模型