デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2020年09月19日

エクスペリメンタルサウンドデータ 大井川鉄道井川線 DD20

オープンサウンドデータの実験的公開プロジェクトである、エクスペリメンタルサウンドデータ名義で大井川鉄道井川線 DD20をモチーフにしたデータを公開しました。

静岡漁協が使用しているものと同じカミンズのエンジンを採用したという逸話のあるディーゼル機関車です。

走行音については、変速音が鮮明に収録できなかったため、単純なアイドルと加速音の2種類のみとなります。加速音は速度に応じてピッチが変わるようになっています。

DD20は、あまり速度を出さないので、実用においては影響はそれほどないとは思いますが・・・。

■ファンクション一覧

F0 ヘッドライト・テールライト
F1 機関サウンドON
F2 汽笛
F3 AUX1
F4 手笛
F5 非常ブレーキ
F6 力行保ち(一定速度に到達しても加速音が続きます)
F7 音量
F8 レール継ぎ目音
F9 緩解音
F10 レールフランジ音

■使い方・機能の説明

・速度に到達するとエンジン音がアイドルになります。
・加速音を流し続けたい場合はF6を押してください。
・非常ブレーキ(F5)をONにすると、自動で停車します。
・モータの最高速度は、車両の特性に合わせて自分で調整ください。
・DD20に適合する車両は現在のところ存在しません。カミンズエンジンの軽便・ナロー向けディーゼル機関車にお使いください。

■ダウンロード

DOWNLOAD (5MB, rev.0d, 2020年9月20日更新)

■音源提供・協力

安達太良のマイケル様、ほか
posted by yaasan at 21:03 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年09月17日

DSair2XLのケース用パネルを3Dプリントする

DSair2XLのケース用パネルを3Dプリントしてみました。

なおDSair2XLでは使わないコネクタやスイッチ類(SW1とCN8)の部分を埋める設計としてます。

作ったデータはこんな感じに出力されます。フィラメントは白にしました。

DSmainR6case_1.jpg

タカチのケースにはめ込んだ状況。

DSmainR6case_2.jpg

DSmainR6case_3.jpg

FreeCADのデータと、STLファイルは以下です。DSair2XLの基板のみのキット向けです。

DSmainR6case_r1.zip

印刷時間は2つ同時に行って、約2時間です。DSair2のパネルの2倍となります。量産効率が2倍悪化することもあり、こちらはサンプルを付けての頒布は難しいですね・・・。
posted by yaasan at 07:28 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年09月15日

オープンサウンドデータ 国鉄 9600 蒸気機関車

オープンサウンドデータ 国鉄 9600 蒸気機関車をリリースしました。

9600_2.jpg

■ファンクション一覧

F0 ライト点灯
F1 サウンド オン・オフ
F2 汽笛・長
F3 汽笛・短
F4 連結音
F5 絶気モード
F6 絶気合図 
F7 音量調整
F8 投炭
F9 ATS
F10 発車ベル
F11 カーブスキール音
F12 砂弁
F13 インジェクター
F14 
F15 急ブレーキ
posted by yaasan at 06:32 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年09月13日

トラムウェイ・ポポプロのキハ40をまたDCC化する

トラムウェイからは、アイボリーだけの塗装上等のキハ40がリリースされていましたが、そこに目を付けたポポンデッタ(の子会社のポポプロ)が、東北色と北海道色の塗装版を確保して、今夏に販売されてました。もう品薄かと思われます・・・。

東北色は欲しかったので、即、ポチってしまいました。しかし、届いてからはほったらかしで、罪(積み)を重ねていたので、このたびDCCサウンド化しました。サウンドデータは、オープンサウンドデータを使用します。オープンサウンドデータでもダウンロード数で1位の超人気の高品質サウンドです。

DCC化改造レベル:上級者向け

さっそくDCC化ですが、実はここであまり紹介できる情報はございません。
というのも、ライトユニット基板は、以前に改造したものと全く同じです。改造手順は、過去のブログ記事を見ていただければ、問題なくくみ上げられると思います。

kiha40_0.jpg

kiha40_1.jpg

ライトユニットのDCC用の改造は、過去記事を参照ください。作業自体は、2019年のキハ40と変更点はありません。ひたすら、配線を作って設置していくという苦行をするのみです。

残念ながら、トラムウェイのキハ40用の基板を入れるスペースがゼロのため(モータ部分で基板の強度が確保できない・・・)、DCCユーザーには苦行が必須となります。

kiha40_2.jpg

kiha40_3.jpg

最終的な搭載はこんな形となりました。

kiha40_4.jpg

搭載完了後の見た目です。特に大きな変化は無いと思います。

kiha40_5.jpg

kiha40_6.jpg

写真は撮り忘れましたが、エンドウの余っていた室内灯基板を付けてあります。テープLEDにしようと思いましたが、行方不明のために、ExpBoard YP(室内灯一体型のMTC21化基板)の採用で不要になったものを再利用しております。

動かした様子は、以下の通りです。

posted by yaasan at 18:43 | Comment(0) | 鉄道模型

2020年09月12日

在庫追加・再生産予定


■在庫追加情報

TRAINO様のExpBoard EC-タイプT スタンダードセットの在庫を追加しました。

また、EF81のライト基板(ジャンク)も若干の余りが発見されましたので、追加しております。

■再生産情報

現在、以下の商品を再生産中です。

DSservo アナログサーボモータでポイントを動かせるデコーダ。ソフトを弄ればロボットも動かせる。
DSwatch
ExpBoard Next18 for General HO ※在庫が少なくなってるため再生産
・(ライセンス製造) AYA036-1 Next18 Adapter B Next18非対応デコーダをNext18ソケットに差し込む基板

頒布開始は、10月〜11月ころを見込んでおります。

■入荷予定

ExpBoard DE10 HOも注文済みです。


posted by yaasan at 07:46 | Comment(0) | 鉄道模型