2015年03月25日

激安デコーダー 電源回りこみに注意

早速、一個を破壊してしまいました。

PCでデバッグ中に、不意にDSmainの出力線(レールに繋ぐ配線2本)のうち、1本だけ外れたところ、デコーダー〜コントローラ(DSmain)の間の+12V用のGNDがオープンになることで、電流がPC経由で回りこんでしまい、Pro miniの許容電流以上がATMEGAのポートにかかって、DCCパルス入力ポートをつぶしてしまったようです。

電源絶縁タイプのUSBアイソレーター等を使うと、このようなうっかりミスは防げます。デバッグの際には、ケーブルの不意のはずれには十分ご注意ください。動作チェックには、DSmainのようなPC接続型ではなく、MS2やMultiMaus、D101等の方がリスクは低いです。または、デバッグとコントローラのパソコンを別のものにするのも手です。

まあ、こういうミスは副業先でもよくやるので、たいていはちゃんとアイソレータや絶縁トランスを使って機器をちゃんと浮かせて実験をするものです。
posted by yaasan at 06:17 | Comment(0) | ガジェッド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。