デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2015年06月19日

スマイルコネクタ搭載DCCデコーダ

昼間の副業もなんとか山も通り過ぎて無事に家に帰って来れたので、表面実装タイプの小型デコーダ開発を再開しました。

いろいろ議論して、スマイルコネクタ(と名前を決められてしまった・・・)というカードエッジ型のファームウェア書き込み方式を採用することになりました。一度書き込んだら、切り欠きからカッターでボキッと折る形です。折らなくてもOKですが。
コネクタ自体は、TEの7-5530843-7を使用します。

スマイルコネクタ追加版(カードエッジ部切断時は28.5x12.5mm):
DSdecUb.png

旧版とのサイズ比較:
DSdecU_compalization2.png

書き込みツールは、Arduino nanoボードをちょっと改造したものになります。スマイルライターというそうです・・・。安上がりで簡単なので、これが一番お勧めになると思います。うちにある材料+このコネクタがあれば、1000円くらいで作れます。

SmileWriter.jpg

今日には、スマイルコネクタ搭載のDSdecR2の基板が届くので、書き込み試験をして使い心地を確認したら、部品手配や最終設計確認などを進めていきたいと思います。なお、DSmainR4も基板が同時に到着することもあり、近日中に量産評価開始するので、ちょっとゴタゴタしそうです。

何度も書いてますが、表面実装型デコーダは、デコーダの売り上げ低迷で在庫を抱えるのが難しい状況なので、有志のみの基板配布で、一般頒布は今回は行いませんので予めご了承ください。
posted by yaasan at 06:05 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。