デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2015年11月05日

IMA ADPCM対応(たぶん)のDSWav2C

あやのさんが、ADPCMにわざわざ対応するコーディングをしていただいたというので、DSWav2Cをアップデートして、IMA ADPCMに対応できるようにしてみた。

DSWave2C_20151105.ZIP

DSwav2cの使い方は、サウンドオプションのところに書いてあります。

サンプルレートが8000bps,モノラルのIMA ADPCMタイプ(ヘッダはMicrosoft)をサポートします。ビット数は特に制限がないというか、ADPCMの圧縮処理で強制的に4bitに変換されるので、Audacity上では16bitのままでOKです。

「その他非圧縮ファイル」で、Audacityで簡単に書き出しできるので、お試しください。

ADPCM_generate.png


「ADPCMってなんだ?」という方のために説明すると、圧縮技術の一つで今までの仕組みよりも1/2に音声ファイルを圧縮できます。AVRでも処理の負荷が小さいというので、入れてみたかったのですがやってませんでした・・・。

スマイルデコーダでいうと、現状はサウンドの記録時間が4秒弱だったのが、7秒少々まで増やせます。3秒の違いですが、できることはかなり増えると思います。

あとは、あやのさんにスケッチの公開を懇願するのみです・・・。
posted by yaasan at 05:17 | Comment(1) | 鉄道模型
この記事へのコメント
あ、一時期欲しかったツールですw
いまは、RIFFヘッダも取り込む作りにしています。
今年は、自宅に戻れないほど忙しいので、なんか鳴っているバージョンでしたら
近々自宅に戻った時にでも...
Posted by あやのすけ at 2015年11月06日 00:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。