2016年01月17日

Desktop Station 0.94e & Bluetoothオプションを設計

Desktop Station 0.94eをリリースしました。変更点は小規模ですが以下の点です。

・Webアプリで、進行方向表示機能を追加
・Webアプリで、アドレスを変更した時は速度を0に表示を変えるようにした
・初期画面にWebアプリボタンを設置し、押すとURLが表示されるようにした。表示するURLはIPのものと、ホスト名の2種類とした。

機関車の状況を各Webアプリにフィードバックさせる機能は、うまく実装する仕組みを考え中で、具体的な方法を思いついたら実装したいと思います。

■DSmainR5用のBluetoothオプション基板を設計

あやのすけさんがBluetoothで繋ぎたいということなので、とりあえず設計してみました。
DSmainR5とPC間はBluetooth 2.0のSPP(シリアルプロファイル)でつなぎますので、USBシリアルと基本的に設定は変わりません。

BLOptionR3.png

サイズは、フリスクケースに入るようにしてあります。最終チェックまでして基板製造もしますが、頒布はどうするかはちょっと悩み中です。今の懐事情を勘案すると基板のみで1000円(送料込)くらいでしょうか。
posted by yaasan at 18:38 | Comment(1) | 鉄道模型
この記事へのコメント
Desktop Station 0.94eのバージョンアップありがとうございます。
早速入れてみました。
Windows10でのファイヤーウォールの許可方法がわからなくなっちゃったので
iPad では試してません(^^;

さて、私のポインターは、転轍表示が埋め込まれているのですが、DCS50Kとの違いで、
転轍表示LEDが点滅していますね。
なんかのタイミングで点滅してしまうのですが、時間が取れず、線路波形は確認していません・・・

http://1st.geocities.jp/dcc_digital/sd2point.html


Bluetoothオプション基板を設計ありがとうございます。
先走って、aitendoのblietoothつけちゃいました・・・
Posted by あやのすけ at 2016年01月18日 00:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。