2016年05月01日

スマイルライター2ができた

鉄道模型市も予想よりも良い結果に終わって、DCC普及のための次の戦略を考えつつ、機器開発は継続して緩めずに行っております。

以前に設計してElecrowに投げていたスマイルライターの次世代版R2の基板製造が終わって届いたので組み上げました。

smilewriter2_2.jpg

特に問題なく動作。

smilewriter2_1.jpg

空いている28ピンの部分には、ZIFソケットが入ります。まだ中国から届かないので、待ち中です。
セラロックは、ZIFソケットがソケット専用に使用します。スマイルライター用では要らないのですが、DSmainR5のMCore部分やミント缶のファームウェアのアップデートに使うことができるので用意しています。
posted by yaasan at 20:31 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
こん**は
29日はお会いできてよかったです。あの後アキバに行って秋月で信号用の部品を漁っていました。銀座線に乗ろうと思い末広町まで行った所で、aitendoの事を思い出しました。例の書き込み機を買いに行ったのですが、全品3割引で370円で買えてしまいましたww 組み立ては連休後半かな。
Posted by 廣瀬 at 2016年05月01日 22:40
aitendoのライターシールドが確かに安くて良いのは事実なところです。
スマイルライターについては、当方で作るしか無いので、さすがに400円弱で売るのは辛いところです。100台以上出るなら話は違うのですが・・・。
Posted by やあさん at 2016年05月02日 20:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。