デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2016年07月18日

ソフトバンクがARMを買収

いやあ、信じられないニュースです。ソフトバンクがARMを買収というとんでもない大ニュースです。

ARMとは、マイクロコンピュータの計算部分(ARMといえば設計者では全部通じる)などの設計を行う会社で、今は、計算部分だけでなく、グラフィックエンジンも行うなど、範囲を広げています。ただし、設計した半導体の図面データは自社で生産せず、いろいろな会社に販売する事で収益を上げています。なので、ARMの設計図面を使用して、様々な半導体チップがいろいろな会社からリリースされています。たとえばスマートフォンで有名なiPhoneのチップは、アップルが自社で設計していますが、計算部分のライセンスはARMから供給されています。設計図だけでなく、仕様書だけをもらって自分で設計することも許されているなど、いろいろとかゆいところを解消してくれている会社です。

チップを作る際の制約が緩いこともあって、全世界の携帯電話や産業用機器、家電、車などに一番多く使われています。パソコン用で有名なAMDやインテルとは若干異なり、省電力で小回りがよく効く、組み込みやすいので、本当によく使ってます。副業先でも、セガサターン用に作られたチップの産業向けをガンガン使っていましたが、徐々にARMが入ったチップに切り替えている最中です。

この会社をソフトバンクが買収するとは、いやはや、孫さんはIoTを制する気が半端ないということはよくわかりました。ARMはIoTでもキーとなる技術です。

通信と計算コアを手に入れれば、あとはAIやアプリケーション、ノウハウの部分を得られれば最強の会社となると思います。本当にすごい野心で、計算づくで事業戦略をしていることが伝わります。

ソフトバンクは、私の印象としては20年前はソフト販売&書籍会社というイメージでしたが、Yahoo!BBなどのADSLでインターネットのイメージが強くなり、ボーダフォン事業の買収で携帯電話会社というイメージになりました。

次のステージは、IoTの基盤、特に端末側のコンセプトを一括して提供する会社を目指しているのでしょうか。これからますます面白くなりそうです。

ちなみに、弊社はARMは採用しておらず、AVR(旧Atmel社、現マイクロチップ社)を採用しています。鉄道模型用DCCの電子工作には、ARMは性能、コストや使い勝手が過剰なのです・・・。PICやAVRくらいがちょうどいい状況です。
posted by yaasan at 15:54 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。