デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2016年07月31日

C TrackにS88 Detectorを付けた

メイカーフェアに向けて、DCC電子工作連合の参加したい人が勝手気ままにデモを行うのですが、私はHOの自動運転を行います。

実のところ、鉄道模型市でやったデモと同じなのですが、検出はLDTの片側レールを使って検出するメルクリンではおなじみの方式今回はフジガヤさんのS88 Detectorを使うことにしました。ということで、線路の改造が必要になります。たぶん、C Trackに取り付けた実績はないと思うのでご紹介します。

ちなみにC Trackとはメルクリンの線路の名称です。ほかにもM TrackとかK Trackとかあります。
デモはメルクリン線路にこだわっております。センターレールや車輪両端が同電位ということもあって集電性能が安定していて面倒が少ないためです。

材料は以下の通りです。基板は使いませんでした。

S88Detector1.jpg

C Trackの裏側は、以下のように、真ん中がセンターレールがあります。なので、真ん中にはフォトリフレクタは置けません。

S88Detector2.jpg

どうするかというと、線路とセンターレールの間に押し込むしかありません。

S88Detector3.jpg

イヤホンジャックとフォトリフレクタをはんだ付けしていきます。

S88Detector4.jpg

試運転。

S88Detector5.jpg

車両についているセンターレールから電力を取るシューにも当たらないことを確認しました。

S88Detector6.jpg

S88 Detectorは在線検出が自動リフレッシュせずに、車両を検出すると自動的にラッチをかけるので、リフレッシュはコマンドステーション側で細工しないといけません。Desktop Station Softwareだと、定周期にリフレッシュをかけるので問題ないですが、リフレッシュとイベント駆動を同期するようなArduinoでの実装などでは、わざとリフレッシュさせるような処理をさせないと誤検出します。ちょっと注意が必要ですね。
posted by yaasan at 15:51 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。