2016年08月16日

Elecrowに怒られた

Elecrowからメールが来ました。どこかで見たことがある基板のNEM652変換アダプタが製造できないと言われてしまいました。

送られてきたメールに添付されていた図:

Catch.jpg

ちょっと飛び出したところが0.6mm厚だとカットできないそうです・・・。まさかのEM13は中国では製造できない精度で設計されていたのです。EM13は基板の形状だけでも結構なコストがかかる設計だったようです。たいしたことない機能なのに2000円もする一番の理由はここだったのか!と理解できました。

厚さと形状をきちんとどこでも製造できるように設計することが低コスト化のカギなのだと思います。EM13をまんまコピペして行けると思っていたので、いやはや、自分の基板知識のレベルの低さを思い知った状況です。勉強が足りません・・・。
posted by yaasan at 19:55 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。