デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年06月01日

(DIP) ATMEGA328P-PUのアップデート方法

DSblueboxや、ミント缶、DSmainR5, R5.1で使用しているATMEGA328P-PU(DIPタイプのマイコン)は、自分でアップデートできます。

使用するのは、以下の部材です。

・Arduino UNO
・aitendoのブートローダライターシールド(ゼロプレッシャータイプの方)
・USBケーブル

bootloader_shield1.jpg

(1) Arduino UNOには、Arduino ISPスケッチ(Arduino IDEに含まれる)を書き込む
(2) ツールの書き込み装置を「Arduino as ISP」にする。(ArduinoISPだとうまく動かないので注意)
(3) ブートローダを書き込む(ATMEGA328P-PUをクリアするイメージ)
(4) 「書き込み装置を使って書き込む」を使って書き込むと、ライターシールドに差し込まれたATMEGA328P-PUに書き込みができます。通常の「マイコンボードに書き込む」やツールバーの→のボタンでは、ライターシールド上には書き込みできませんので注意が必要です。

以前に解説したブートローダの話が参考になると思います。

bootloader_shield2.jpg
posted by yaasan at 07:06 | Comment(0) | 工作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。