デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・DesktopStationの商品やDCC部品は DesktopStation部品頒布からどうぞ。 ・DCC同人誌 PDFを無料で公開中!

2017年06月13日

Micsig TO1102の返却・郵便局と交渉

液晶に線が入ってしまって不良なオシロ Micsig TO1102の返品で、国際郵便局から返送されてしまったトラブルですが、本日、発送元の郵便局に電話して状況の確認をしました。

すると、2〜3時間くらい経って電話がかかってきて、「再送付する手続きをします」ということになりました。どうも、リチウムイオン電池が入っていると認識したそうです。再送付するなら、なんで私に送り返す前に電話しないんだ、と言いたくなりましたが、そこは我慢しました。

とりあえず、Micsigにも連絡して、再送付する事を伝えました。あとは、故障品がMicsigのオフィスに確実に届く事を、鉄道模型の神様に祈るだけです!
posted by yaasan at 18:43 | Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
確かに郵便局は、初期設定としては、あらかじめ決められたルール、マニュアル通りにしか動かない(たまに逸脱するワーカーがいるのは仕方がないとして)し、処理にも時間がかかるけど、これまでのトラブルの経験上、結果的には非常に誠実に対応してくれることは間違いないので、信用してじっくり構えて待つとほぼ期待に応える対応をしてくれると感じています。繰り返しになりますが、あれだけ大世帯だと当然不良部品?の絶対数も多くなるのと、エラーが起きた時は純粋民間企業と違ってやたら叩かれるので目立つのかもと。純粋民間業者の方がよほどトラブルが多いし対応も問題があることが多い(これも経験上)ように。
Posted by skt at 2017年06月13日 21:38
今回、レアケースだとは思いますが、そもそも故障品が来るのもレアで、なかなかイレギュラーな状況だったと思います。
とりあえず、無事に中国のオフィスに届くのを祈っているところです。
Posted by Yaasan at 2017年06月14日 06:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。