2017年07月16日

Tomix 自動運転システム 5701 TNOSの解析(ネット情報ベース)

TomixがTNOS新制御システムの情報をリリースしていることに、今頃気づきました(汗)

「鉄道模型運転をトミックスが変える。」というコンセプトのようですが、・・・。今まで何もしなかったのはどなたでしょうか。競合のK社さんは、古くから多大なる投資をしていろいろな努力をしてたのはよく存じていますが。

DesktopStationのこの数年の目標は「日本の鉄道模型運転をグローバルスタンダードに上げる」です。日本の中で閉じこもってシステムを作る時代は当の昔に終わりました。全世界共通のプラットフォーム、スタンダードでシステムを構築すべきです。

さて話をTNOSに戻すと、このシステムは、あらかじめセンサーのパターンと車両の動きを決めて置き、それ通りに動かすためのシステムです。4列車自動運転などができますが、車両に電源供給をする必要が無いので(室内灯の電源くらいは普通にできると思いますが)、非常にシンプルです。

シナリオは予め設定してあり、後から追加できるという説明があります。特許では、PCからシナリオをダウンロードできるような仕組みとなっているので、たぶん、ユーザーが自由に配線をしたいということになるのでツールをリリースせざるを得ないと思いますが、シナリオの作成ツールを配布するのかとか、ダウンロードの手段は簡単なのかとか、いろいろと気になりますがその辺はよくわかりません。まだ、特許が公開されていないだけかもしれませんが(ここ最近の出願だと内容を知る術がない)

4区間用のデコーダ相当の機器を追加してシステムを広げられるという事ですが、メインシステムのシナリオ次第なところと推察されるので、このシナリオ依存の構成となると考えられます。当然ながら、フィーダ線、センサー線の嵐となって、固定レイアウト向けのシステムにならざるを得ないと思います。

DCCで同じようなことをする上で問題となるのが、閉塞運転時の強制停止です。アナログだと簡単で、車両のいる前の区間を電圧ゼロにすれば、簡単に停止区間にできます。DCCでは独立して別々に動くことが逆に仇となり、うまく制御できなくなります。

デコーダに強制停止命令を出す仕組みはDCCでオプションとして決められています。アシンメトリDCCです。メルクリンは、半波整流信号で実現できます。ただ、この仕組みはデコーダが対応していないとダメで、DCC電子工作連合のデコーダは残念ながら対応していません。なので、電源供給しながら強制停止ということができません。

よって、当社のシステムでは現状では介入運転時の強制停止などを実現できません。

DCC電子工作連合内で、この対策機器の開発について、緊急会合を行う予定です。デコーダが未対応であっても、技術的にはいくつか強制停止の手法があるので、あとは機器として誰が形としてまとめるか(売るか)、DCCの仕様に反しない形で閉塞区間の定義をどうするかなので、この辺は知見のあるメンバーで仕様を決めたいと思います。

予想の範囲内のシステムでよかったです。価格も、当社システムをベースにするならほぼ同じになって、機能や技術面では全く問題なく対応できます。強制停止機器については、後日サポートで行きますが、その機能は手動介入の時だけに必要となります。

より多くの皆様に、自動運転、サウンド&ギミックをするにはDCCの方がずっと安くて良い、と感じてもらえると確信しております。また、使い捨てにならずに、世界共通&オープンスタンダードでどんどん拡張できるのが、当社システムの強みです。
posted by yaasan at 20:16 | Comment(4) | 鉄道模型
この記事へのコメント
本日、tamtam相模原店に行ってTNOSのデモを見て、担当者に話を伺ってきました。
台枠の上に線路が引かれていますが、その台枠の中は物凄い配線になっているとのこと。
これは固定式のレイアウトで無いと無理かなと感じました。
今後の展開は皆様のご意見を聞いて検討するとのこと、そして本日予約するとセンサーを2個おまけしてくれたようです。
Posted by k-waka at 2017年07月16日 23:53
 「車両本体に手を加えない」で自動運転するための一つの解ですね。一つのユニットでギャップが4カ所しか切れず、このユニットが2万ですからそうそうは拡張できないですね。ムービーも見ましたが、追い抜く特急が異常に遅いのも閉塞区間が少ないからでしょう。両端2線の単線交互往復もユニットが最低2個必要。もっとユニットの値段を下げなくちゃ駄目でしょうね。それから閉塞運転と歌いながら信号が無いのがなんとも、、信号の制御は部活の部員の様子を見るまでも無く、設定やサポートが難しいからでしょうか。
 まあこんなシステムが出てくるのも、日本ではHOが全く普及せずNがほとんどだからでしょうね。
Posted by ひろせ at 2017年07月17日 08:35
レポートありがとうございます。
配線については、DCCでも同様の問題は出てしまいます・・・。数珠繋ぎができるので、規模が大きいほど、配線数は少なくなりますが。
Posted by Yaasan at 2017年07月17日 09:52
こんばんは 目標に対する強制停止は ? 至難です

強制停止といっても、減速(CV4)が「0」なら、文字通り「0」にした時点で完全停止しますが
CV4の数が大きいほど、制動距離は伸びてきます。おかけでさままで、フライホイール動力に
たよらずとも、DCCでは「自然な制動」を楽しめるわけです。

このほか、フラホ搭載車と非搭載車でも、制動距離は違います。編成数でも、慣性力の違いは
でるでしょう。そもそも、直前の速度が違えば、制動距離は違います。これは現実世界と同じ。
模型にブレーキ機器でも搭載しない限り、目標に対する強制停止はむずかしい とは思います。

別の考え方をすれば、強制停止を要する状況を作らせないような「自動運転」の構築。模型編成の
制動距離を入力した上で、スピード管理をやってくれるか、あるいは 先行する編成や
絶対的停止位置から、逆算して、自らの編成の速度を抑えるとか・・・
そちらの線から、アプローチするのが、筋かもしれません。

また、「多重衝突事故」を回避するため、強制停止が必要なら、単純な話「全電源が落ちる」
だけでいい?気がします。(その際は コントロール装置から「防護無線」の警報音
が鳴る、ぐらいのギミックは欲しいです。)

参考までに、旧トミックス 自動運転ユニットでは 線路上にセンサーを2つ置き、
1つ目のセンサーで「減速開始」。2目を踏むと「強制停止」でした。接触センサーですが、
踏み外し事故もあり。線路一体センサーは優秀ですが、廉価な組み込みセンサーは「事故多蓮」
で使い物になりません。
Posted by PianoRise at 2017年07月18日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。