2017年08月06日

ラッチ機能の仕様検討

S88センサーの入力に、ラッチする機能を挟み込む機能を検討中です。この機能を実装することで、イベントスクリプトの前段処理を軽減できるというメリットがあります。

S88Latch1.png

■ラッチ条件

・自センサがOFF→ON
・自センサがON→OFF
・フラグAがBのとき

■ラッチ解除条件

・一定時間後(1〜60秒)
・センサXがONしたとき
・センサXがOFFしたとき
・ポイントY(信号機も同じ)が直進のとき
・ポイントY(信号機も同じ)が分岐のとき
・ルートZが開通しているとき
・ルートZが未開通のとき
・自分のセンサがONしたとき
・自分のセンサがOFFしたとき

※2条件までOR/ANDまで指定可能にする
posted by yaasan at 07:33 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。