デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年11月27日

Raspberry pi の鉄道模型制御システム(DSpi後継)

Raspberry piを使ったシステムとして、以前、DSpiというものをリリースしていました。

細かいことは、上記のページをみていただくか、以下の過去の記事を読んでいただければと思います。

DSpiボード R3b & DS for raspi (Node.jsアプリ)
DSpi用のNode.jsアプリを修正
DSpiの作例
Node.js用アプリdsgw.jsがRASPBIAN JESSIEで動かない

2015年くらいにNode.jsでソフトを作ってリリースしましたが、そんなに数は出ないので放置しておりました。ただ、最近は、ラズベリーパイ3BにWifiが標準搭載されたり、入手性も非常に良くなって秋月で買えます。

DSpiのようなこと(スマホでサクッと模型を運転)はできないのか、という問い合わせも複数寄せられており、そろそろ機は熟した、という状況なのかなと思いつつあります。

また、私も昼間の仕事場で、なぜかラズベリーパイの研修を受けたり、立ち上げしたりと、過去の知識を使って行うケースが増えてきました。Node.jsも進化してます。PCベースのDesktopStationSoftwareの代替手段として、ラズベリーパイ3Bによるシステムを立ち上げる時期が来たのかなと感じている次第です。

DSシールド、DSone、DSmainR5.1とUSBで接続する形とし、DesktopStationSoftwarePi(DS2Pi)のSDカードイメージをファイル&SDカード自体で頒布する方向でやっていきたいと思います。できることは、現状のDSpiの全てと、それに加えて、ブラウザベースでいろいろできるようにできたらと思います。ラズパイには、Wifiでアクセスポイントにつなぐ感じです。

mobileDS_concept1.png

ということで、SDカードイメージの試作を12月中目標で完成させますので、今しばらくお待ちください。
今のところ、軽量ディストリビューションのDietPiにNode.jsを導入し、USBシリアルの認識機構を組み込んだ形を考え中です。

なお、もちろんですが、ソフト一式は全て無料頒布です。ラズパイ3BやDesktopStationのハードウェアは、自分で調達ください。
posted by yaasan at 20:20 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。