デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2017年12月22日

Superトマラン(妄想)

デコーダの瞬低防止機構である、トマランコンデンサキットが、結構みなさまに好評で出荷しております。コンペチターのDCCメーカーが、とんでもない金額で販売されていることや、MP3デコーダに使う場合には、突入電流を抑えるにはこれしか選択肢がない、という事情もあるとは思います。当方としては、普及を優先しているので、かなり安価に設定しているからかもしれませんが・・・。

トマランコンデンサを使っても、「どうしても止まる!!」とお困りの方もいるんじゃないかと思います。
そこで、トマランを超えるトマラン、Superトマランなんてコンセプトも必要じゃないのかな、と思っています。Nゲージには無理ですが、HOやO、Gゲージには適用できるんじゃないかと思ってます。

SuperTOMARUN_Concept.png

仕組みは、バッテリを電源として昇圧し、コンデンサに充電し放出する機構を持つのみです。懸念事項は、モバイルバッテリは常に出力を出しているわけではなく、電流が止まると出力を遮断する動きを持つことです。

Eneloopプロや、そのOEM元商品のFDKの富士通充電池 黒とかがベストと思いますが、これから供給してやるような感じです。

充電機構を持たせると大変なことになるので、あくまでも電池は取り外して交換する、という仕組みにして、回路をシンプル化することが重要と思います。

■Superトマランの仕様

・モバイルバッテリ(5V) or ニッケル水素電池 単4x4 (4.8V)
・充電機能なし(必ず電池は外して自分で充電)
・昇圧機構(12V基準、微調整は抵抗変更で実施)
・トマランコンデンサを空っぽにしないことが基本機能。
・トマランコンデンサの補充時間は有限(30秒、60秒など)。ずっと充電しない。
・線路から供給されるトマランコンデンサの初期充電が起動トリガ

posted by yaasan at 19:27 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
ちょっとちがうかもしれませんが機能的には、ストロベリーリナックスのLTC3118 デュアル入力昇降圧DC-DCコンバータモジュールで同等のことができるのではないでしょうか?
https://strawberry-linux.com/catalog/items?code=13118

それからバックアップを直接昇圧したバッテリー駆動ではなく、一旦トマランコンデンサに蓄電した電流でおこなうというのは切替時の瞬断を避けるためでしょうか?
Posted by ゆうえん・こうじ at 2017年12月23日 08:41
ゆうえんさん

コメントありがとうございます。昇圧は、基本的に汎用の部品を使おうと思ってますので、リニアテクノロジーのICなどが候補に上がります。これとは別に、放電制御の低消費電流の超小型マイコンを置くつもりです。一定時間で切ってやる制御、コンデンサの充電を開始する制御などを行うためです。

直接駆動しないのは、連合以外の他のデコーダとの接続互換性を持たせるためや、DCCの線路電源での駆動をあくまでも基本にするためです。瞬断の制御は、アナログスイッチICや簡単な受動部品で実現できますが、コンデンサを介する形ならそれすら要らないのも、その通りです。
Posted by Yaasan at 2017年12月24日 11:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。