2018年02月06日

Flash Airのサイトに掲載してもらった

無線LAN機能と、なぜか高機能なLuaインタプリタが搭載されたSDカードのFlashAirの中の人に、先日ここでご紹介したFlashAir&DCCの運転を報告して、ユーザープロジェクトとしてご紹介いただきました。

FlashAir_UserPrj.png

チュートリアルも紹介していただけると言うことで、これから少しずつ書いていこうと思ってます。

FlashAirは、大手電機メーカーらしからぬ(失礼!!)、ぶっ飛んだプロダクトで、個人的にも応援したいです。東芝さんは、原発で苦労されてましたが、大メーカーなのにチャレンジャー精神を持つ部分は大いに見習うべきとは思います。

SDカードにLuaインタプリタエンジンを入れ込むなんて、絶対に偉い人の個人的な趣味でしょうね。もう私のようなプログラミングと電子工作大好き人間には最高です。マニアック過ぎて、付いてこれる人は少ないと思いますよ!

Luaを選ぶところが、またインタプリタマニアですからね!普通の人なら、RubyかPythonじゃないのかい!って。Luaは、ゲームエンジンの補助用に使うスクリプト言語というイメージが強いです。私が10年ほど遊んでいたDelphi(Object Pascal)にも似てて、とっつきやすいですね。

私もデジタル鉄道模型に戻るだいぶ昔に、ゲーム用のインタプリタを自作したりいろいろやりました。このインタプリタの知見が、DesktopStationSoftwareでのイベントスクリプトに大いに反映されています。DSbasicもそうですね。

今月末の土曜日にFlashAirのイベントがあるようなので、気になる人は行ってみてはどうでしょうか。私は、社内の都合で参加は難しかったです。平日にしてくれれば会社をサボって行ったのですが・・・。
posted by yaasan at 19:20 | Comment(0) | 工作
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。