デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年04月06日

KATO 22-019 スマートコントローラー

KATOが、4月?か8月?にBluetoothパワーパックをリリースするそうです。価格は13500円+税なので、14580円が税込み定価になるということだそうです。

Bluetoothでアナログパワーパック・・・。競合品は、Mabeeeでしょうか。こちらは、Nordic SemiconductorのBLE内蔵のCortex-M0マイコン搭載SoCを使った、プラレールなどの乾電池で動くモータ製品をターゲットにした遠隔操作玩具です。

類似のフィジカルコンピュータとしては、Microbitとなります。同じく、NordicのBLE&ARMマイコンチップを搭載しています。

どう考えても、MabeeにちょっとPWM回路を足したくらいで実現できます。製造コストはあんまり変わらないでしょう。もちろん、スマートコントローラはリリースされ次第、速攻で分解させていただき、原価コストを発表させて頂きます。

DSairは、DCC対応&Webアプリ採用で、KATOさまには負けないくらい開発コスト(※人件費は0円ですが金銭換算後)と最新のIT技術をかけて実現してます。苦渋の決断ですが、14580円にぶつけるしかありません!!KATOさま、申し訳ございません。

つきましては、DSairの完成品価格は、FlashAir抜きで、14580円 - 4100円(FlashAir W-04 16GB ヨドバシ最安値)で、10480円でリリースさせて頂きます!DSair完成品価格は、9800円と思ってましたが、今流行の忖度&お友達価格ということで値上げさせていただきます。

KATOさま、価格を引き上げる余地を提供頂き、本当にありがとうございます。贅沢を言うと、19,800円くらいにしてくれると、もっとハッピーだったのですが・・・。

ユーザーの皆様は、KATOさまのスマートコントローラと機能と価格を比較の上で、ご検討いただければ幸いです。

----------------------------------

以下、比較項目。

・アナログ対応 ×スマートコントローラ
・DCC対応 ○DesktopStation
・ポイント対応 ○DesktopStation
・重連対応 ○DesktopStation
・対応端末 ○DesktopStation(iOS, Android以外もサポート!)
・複数台使用 △引き分け
・最大電流 △引き分け(2A)
・安全機能 △引き分け
・価格 △引き分け
・サイズ △引き分け

----------------------------------

分解の際の気になる点

・原価率。ちなみにうちは、ほとんどの商品が30〜40%程度です。
・モータドライバの発生熱量と熱対策(形状的に大型放熱フィンは無さそう、フィン無しで使用?)
・BLEチップとマイコン(普通に選ぶとしたらNordicな気がする・・・)
・技適の取得の有無。取ってなかったら、大騒ぎに・・・。なおモジュールタイプなら技適取得は不要。
・Bluetoothロゴの有無。メンバーになっているようです。当社の規模では払えないような高額ライセンス料(8000USD=85万円)が・・・。実はこれがBluetoothを当社が使用しない一番の理由です。

bluetoothsig_kato.png
posted by yaasan at 20:01 | Comment(4) | 鉄道模型
この記事へのコメント
KATOのスマートコントローラーで、気になるのは 始めてかつ唯一のKATOサウンドBOX通信ポート対応機器だということです。この通信ポートですが、先日サウンドBOXを開けたときによく見ると電線が2本しかつながっていませんでした。UARTだと思っていたのですが、それならDTR省略しても3本線がつながっていると思ったのですが、2本ということは片方向のシリアル通信なのでしょうか?可能なら通信ポート仕様の解析もお願いします。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2018年04月07日 00:43
通信ポートが、いったい何なのかだけ,調査しておきます。
普通のLINEケーブルに見えますが、そうであれば3極なはずです。DSmainのUART端子は4極のものを採用してますが。I2Cなら3線で行けますし、RS485の通信なら差動信号で2本だけでもOKです。差動信号にするとはとても思えませんが。


なおプロトコルの解析などは、やる気スイッチがONにならないので(しょせん、ただのアナログパワーパックですし・・・)、他の方に譲る感じにしようと思います。
Posted by Yaasan at 2018年04月07日 05:07
サウンドボックスはサウンドトラック社とのコラボで生まれたと言っていますし、Katoのコントローラはファンクションもスマホからいじれるようですので、2線ということで、単にDCC信号が来ているだけだったりとも思うのですが。

http://kens-town-2013.kir.jp/wordpress/?p=329

Posted by fujigaya2 at 2018年04月07日 20:56
DCC信号を作るのは、結構面倒な作業なので、わざわざ無駄にコストが上がる茨の道に行くとも余り思えません。あるとすれば、UARTやI2Cを使って、DCCと同じ信号バイト列を送るとかだと思います。

横のスナップ端子を使って、GNDと電源(12V?16V?5V?)を供給していると思うので、信号線は、よくあるものだと思ってます。
Posted by Yaasan at 2018年04月07日 21:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。