2018年04月10日

人柱という表現について

DSairのキット頒布で、アーリーアダプター(早期購入層)の方々を人柱呼ばわりするのは何事か、とご指摘を受けました。

人身御供で命を捧げるようなことを、ユーザーに求めているという誤解を与える表現も含まれているのは、ご指摘の通りですので、申し訳ありません。

念のため、解説させていただきますと、ネットで「人柱」という言葉は、特にデジタルグッズ、ガジェット系では頻繁に使用します。

キーワードノート: 人柱とは?
https://kw-note.com/internet-slang/hitobashira/

DSairの初回キットは、価格を大幅に引き下げる代わりに、失敗して使えなくなってもいい(お金が無駄になってもいい)という、かなりの犠牲を要求しているので、このように表現とさせていただきました。

今後は、気をつけて命名させていただきます。
posted by yaasan at 09:55 | Comment(6) | 日記
この記事へのコメント
試作品段階の物を購入する層は早期購入層とはちょっと違いますよねぇ。

その考え方の方が違和感があります。

人柱表現で全然問題は無いと思います。
Posted by LOCKE at 2018年04月10日 14:52
私も違和感はありません。

いろいろな意見があるのは仕方ないことですが、
人柱というのはすでに一般的ではないでしょうか。
Posted by taka@ at 2018年04月10日 18:13
試作品段階で購入する
まだ誰も手をつけていないことをやってみる

他人に強要されるわけでもなく、リスクを覚悟して自分からすすんで手を上げるのなら
「人柱」はネガティブなイメージではないと思います。
他人に強要される「生け贄」ではないですよ
Posted by ゆうえん・こうじ at 2018年04月10日 23:24
ふと、思ったのですが「人柱」表現にクレーム付けてきたお客って昨年DesktopStationに多大な損害与えた業者(の中の人)と同じクラスタの人種なんじゃ無いですかね?

※あくまで個人の主観です。
Posted by LOCKE at 2018年04月11日 17:11
みなさま、いろいろと、すみません。

「人柱と言う言葉は使わない方が良い」、という最終的な意味での問い合わせでした。今後は、もうちょっと柔らかいニュアンスの言葉・表現に心がけたいと思います。

Posted by Yaasan at 2018年04月11日 18:24
厄介ですねえ……代わりの表現ですか……
苦行僧とか修行僧?受難者はだめそうw、生け贄ってのも良さそうだけどこれも噛み付いてくるかな。被験体ってのはギリギリ?無難なトコで冒険者とか勇者とかがいいところでしょうか? あと先棒担ぎとかお調子者とか言う手もありますか?
どんな言葉を使おうと文句つけてくる方々はいますしそういう方々が問題にしているのは言葉そのものではないことも往々にしてありますのでこういう事への対応は難しいですね。
Posted by KY at 2018年04月11日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。