デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年04月13日

スマイルデコーダR6nをアップデートしてみた

Fujigaya2さんが、スマイルデコーダR6N用に、警笛などを含んだ最新のスケッチを公開してくれました。

デジトラックスのサウンドデコーダが7000円程度と、たぶん日本で入手できる有名メーカー製のサウンドデコーダとしては最安値だと思いますが、NagodenさんのスマイルデコーダR6Nは、2800円でサウンドが出せます。多少の機能の弱点(サウンドのパターン数)はありますが、書き換えれば特に問題は無いので、コストパフォーマンスとしては圧倒的にスマイルデコーダR6Nの勝ちでしょう。

用意するもの

Arduino IDE
Smile Writer V1
・Smile Decoder R6n

Arduino IDEでスケッチを開く

Arduino IDEを起動します。Arduino IDEは、Arduino.ccからダウンロードできます。

SMR6n_dl_up1.png

開く メニューで、SmileDecoderR6nスケッチを開きます。

SMR6n_dl_up2.png

ここでは、MP3V5_DL109_8k_2 をダウンロードしたので、MP3V5_DL109_8k_2.inoを開きます。

SMR6n_dl_up3.png

Arduino IDEでスケッチを開きました。

SMR6n_dl_up4.png

スマイルデコーダR6Nをスマイルライターに差し込む

ここで、スマイルライターにスマイルデコーダR6Nを差し込んで、USBケーブルでPCに接続します。

sm6n_connect.jpg

sm6n_connect2.jpg

書き込む準備を行う

ポートにCOM?(?には任意の番号が入ります)が下記の画面のように表示されることを確認してください。 ボードはArduino UNOにします。書き込み装置は、Arduino as ISPを選択します。

準備が出来たら、ツールメニューの一番下にあるブートローダを書き込むを押します。

SMR6n_dl_up5.png

最初の1回目は、「エラーが発生しました」と表示されるはずです。 スマイルライターを使用すると、必ず最初の書き込みには失敗してしまいます。気にせずに、もう一度、ツールメニューの一番下にあるブートローダを書き込むを押します。

SMR6n_dl_up8.png

次には、「ブートローダの書き込みが完了しました」と表示されるはずです。表示されなければ、うまく差し込まれていない、逆差ししている、スマイルライターにArduino ISPスケッチ(スケッチの例から開いて書き込み可能)が書き込まれていない、などが挙げられます。

SMR6n_dl_up9.png

スケッチをデコーダに書き込む

次に、いよいよデコーダのファームウェアを書き込みます。

スケッチ メニューから、「書き込み装置を使って書き込む」を押します。

SMR6n_dl_up6.png

しばらくすると、以下のように「マイコンボードへの書き込みが完了しました」と表示されます。これでアップデート作業は終了です!

SMR6n_dl_up7.png
posted by yaasan at 21:23 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。