デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年04月14日

DSbluebox ファームウェアR4iをリリース

DSbluebox R4iファームウェアをリリースしました。

□変更内容

・CV読み出し処理の高速化
・スレッショルド初期値を変更
・内部のコアを最新版に変更(DSshieldと共通化)

----------------------------

DSblueboxは販売商品の整理のため、キット品の販売を今月で終了し、完成品(15800円)のみの販売に変更します。他の商品も、順次、キット品の販売を終了し、完成品のみの形態に移行しようと思います。

順次、表面実装品に移行しようと思っているので、売れ行きの悪い(ユーザーへの影響の少ないもの)から、完成品のみに切り替えていく予定です。

DSmainは基板が大量にあるので当面は併売は継続しますが、ずっとではありません。
DSairは、最初から完成品で出していきます(チャレンジャーの皆様は別)。

逆に、電子工作をターゲットとするDSshieldは、キット品・基板頒布を強化していきます。

あと、新たな挑戦として、教育向け(プログラミング&電子工作教室向け)に、DSシールドの大量販売サービスは開始しようと思っています。テキストも、いま、Markdownで書いているところです。
posted by yaasan at 16:04 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
k-wakaと申します。
折角のDSairをお釈迦にしておいて、投稿するのもなんですが、
昨年、イベントでyaasan殿に頂いたmint缶基板で、
部品を購入し、組み立てて動かすおもしろさを、
模型とは違った角度から教わりました。
正直、kitを組むのは楽しいので、動かないと悲しいですが、、、
DSshieldがその形で残るのは良いと思います。
私はもう少しハンダ付けの練習をすることにします。
Posted by k-waka at 2018年04月14日 20:34
コメントありがとうございます。
どうしても、規模を大きくした生産やコスト、機能を考えると表面実装品を使わざるを得ないので、完成品とKIT品を、きちんと分けて、コンセプトの明確化を行っていきたいと思います。
Posted by yaasan at 2018年04月15日 06:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。