デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年04月15日

DCCデコーダで自動ブレーキ その2

実際に、リミッター処理を簡単に書いていこうと思います。

Continuousのサンプルをベースに、ちょっと直しました。

ToFSpeedLimiter_20180415.ZIP

□スケッチへの統合

フジガヤさんが先日作った、汽笛入りのスケッチと合体させても、何とか99%で入りきったので、うまく調整すれば、入り切ると思います。
→はいりませんでした。おおよそ12%ほどROMを消費するようです。どうにか圧縮できないか、チャレンジ中です。

基本的には、Dutyを書き込む際のリミッタに介入するように実装するのが一番簡単で確実と思います。

MOTOR_SetCV() 関数にリミッタを叩く処理を追加し、MOTOR_limitSpeedで今はCV5の値(MaxVoltage)を参照しているのを、介入してやるように手直しする形です。

□MP3デコーダへの配線

b1(PC4)->SDA
b2(PC5)->SCL
VCC->5V(LDO)
GND->GND

posted by yaasan at 07:09 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。