デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年06月15日

Coinhive事件

Coinhive(Webサイトに置いて、ブラウザ上で動く仮想通貨採掘ソフト)を置いたWebサイト管理者が、ガンガン逮捕されたりしているらしい。

仮想通貨マイニング(Coinhive)で家宅捜索を受けた話

マスコミの報道も、意味不明で「PCを乗っ取って」とか「違法に採掘」とか、誰かの書いたストーリーに沿って、ミスリードを誘ってます。たぶん、警察が言っていることを鵜呑みにしているだけなのでしょう。

Coinhiveは、広告を表示する代わりに、PCやスマホのCPUパワーを借りて仮想通貨採掘をブラウザ上で動かすソフトなので、別に乗っ取っているわけではありません。

確かにウザいのは間違いないので、Coinhiveが普及していくのは困るところですが、Coinhiveは新しい技術で、広告の表示のあり方を含め、いろいろと議論が必要なものです。にもかかわらず、疑わしい場合は違法と決めつけて警察が動く過去事例としては、winny事件を思い出されます。

逮捕されるジャッジの部分が

・サイトにcoinhiveを使って採掘することを同意する文面を記載している→適法
・書いてない(書き忘れた)→違法

というザックリなところも問題です。警察も、なんでこんな合同捜査本部を置いて動くことになったのか、きちんと背景を示すべきです。このままほっておくと、濫用がどんどん進むのが目に見えてます。

もちろん、悪質な例もあり、たとえば勝手に小さなポップアップウィンドウを作って、見えにくいところか、画面外に配置してブラウザを閉じても採掘を続ける実装(ブラウザが閉じられないように細工している)もあります。ただ、これはCoinhiveの問題では無く、Coinhiveを設置する人が悪意を持ち細工して実装したケースです。上記に示した捕まったWeb管理者さんは、このような悪質なことは一切していないようです。
まあ、今の警察の見解だと、ブラウザで閉じられない悪質な実装でも「採掘してます」と文面を書いておけば、問題ないようなので、逮捕の基準がザルだということがよく分かります。

ちゃんと使えば悪い物では無いと思いますが(ウザいですが)、こういう実装の問題を棚に上げて、全部悪い物だとミスリード&危険性を煽るような大手ウイルス対策企業がいるようです。

ところで、Windows10には標準でウイルス対策ソフトが内蔵されているので、マカフィーとかウイルスバスターとか余計な物入れる必要ないですよ。メールも、ブラウザで動く物を使用すれば、ウイルスチェックはメールサーバーの方でやってくれます。

買ってきたPCに、マカフィーとかウイルスバスターとか入っていたらアンインストールしましょう。Windows DefenderをONにすれば問題なし。
posted by yaasan at 06:45 | Comment(0) | ソフトウェア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。