2018年06月17日

CameraS88用カメラスタンドを導入

CameraS88用のカメラスタンドを導入しました。Nardiさんに相談していろいろアドバイスを頂いたのですが、全く聞かずに買いそろえてしまったのは社外秘です。

CameraStand2.jpg

雲台を取り外して、スライディングアームを取り付けました。カメラは、三脚穴が無かったので、三脚のメスメス変換アダプタを付けてた上でクリップで取り付けました。

CameraStand3.jpg

どこでもレイアウトを真上から見下ろせるようになりました。

CameraStand1.jpg

Nardiさんが反対されてた理由は、自立一脚のバランスがあまり良くない(当然ですが)からですが、CameraS88側のソフトで揺れた場合の補正をできないかなと考えたいと思います。どんなところに付けても、揺れる条件はありますし。
posted by yaasan at 14:32 | Comment(2) | ガジェッド
この記事へのコメント
お!結構いいもの買いましたね!
自立1脚でも問題ないとは思いますが、一度は思い切り蹴っ飛ばしてカメラ壊すと思います(笑)
私も仕事落ち着いたらCameraS88チャレンジしてみます!
Posted by Nardi(The Nameless City) at 2018年06月17日 14:55
コメントありがとうございます。アドバイスを頂いたのに全く聞かず申し訳ありません。
EOD80Dを取り付けたら、早速落として壊しそうになりました。これ、一眼レフカメラ載せたらダメっぽいですね・・・。

CameraS88の開発に使うWebカメラ専用で運用していきたいと思います。
Posted by Yaasan at 2018年06月17日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。