デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年06月17日

トマランコンデンサ基板を名古屋電鉄(なごでん)さんに移管

本日付で、トマランコンデンサ基板を名古屋電鉄(なごでん)さまに移管させて頂きました。DesktopStationでは、販売を行いません。予めご了承ください。

もともと、MP3サウンドデコーダや、スマイルデコーダR6n向けに標準添付されていた大型の25V/1000uF向けに開発した物だったので、なごでんさんが取り扱いする事は自然な流れと考えております。

トマランコンデンサ基板は、海外ではKeep-alive Capacitorとも呼ばれ、国内では、容量の違いや保護回路の軽微な差異はあるものの、かなり高い値段で売られてます。トマランコンデンサ基板は、安価にシンプルに同等のことを実現するソリューションとなります。1000uFだと、消費電流にも左右されますが目安として、0.1〜0.5秒程度のバッファになるはずです。

※一部メーカーは数秒間耐えるようなバッテリ並にすべく、高価な電気二重層キャパシタ+昇降圧回路が入って製品もあるようですが、かなり用途は限定されると思いますし、多くの車両に付けるにはあり得ないコストになります。

コンデンサをそのままデコーダの端子に付けると、突入電流が発生するので、この基板を使う事で突入電流を大幅に抑制できます。実験データは、トマランコンデンサ基板のwikiに記載しています。

なごでんさんの頒布ページ:

9908 TOMA-RUN(KeepArive)コンデンサ用アダプタ基板キット(1個)
9908 TOMA-RUN(KeepArive)コンデンサ用アダプタ基板キット(3個)
posted by yaasan at 18:25 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。