2018年06月23日

M5stackを買った

実は、結構前にM5Stackをaliexpressから買ってあったのですが、開発環境がすぐに導入できなかった(Arduinoと違って、ちょっと面倒くさい)ので、ほったらかしにしてましたが、ようやく整えたので紹介します。

今回は色々入ったパックを買ったので、おおよそ100USDを切る価格でした。Aliexpressの公式ストアです。日本ではスイッチサイエンスで売ってます。

M5stack_1.jpg

M5Stackは、ESP-WROOM-32ベースでWi-Fi機能を内蔵し、320x240の液晶、ボタン、リチウムイオンバッテリー、たくさんの拡張ピンを搭載したガジェットで、ソフトは自由にカスタムできます。デフォルトではmicro pythonが入ってました。技適ももちろん取ってあります。
あと、面白いのは、Faceという筐体が拡張できる仕組みになっていて、キーボードやゲームパッドをI2Cで追加できます。キーボードの裏側にはATMEGA328Pが入っていて、これで入力の制御をやっています。

M5stack_2.jpg

M5stack_3.jpg

なのでとても拡張性があり、いろいろとデバイスを作るにはうってつけです。たとえば、DSairのスロットルをM5Stackで作るなんて、そんなに難しくないわけです。

開発環境は、いくつか方法があるみたいですが、私はArduino IDEを使う方法にしました。導入方法は、スイッチサイエンスのページを見ると分かりやすいです。

-------------------------

DSairに繋げるソフトは全く作っていないというか、他力本願したいところですが、ポイントとしては以下の通りです。

・Wi-Fiで繋げる(SSIDとPWは固定になってしまうか、うまく切り替えて変更できるようにする)
・Wi-Fi Client, HTTPクライアントのライブラリを使う。自分自身がサーバーになる必要は無い。
・"http://flashair/command.cgi?op=131&ADDR=0&LEN=64&DATA=XXX"のXXXに、コマンドを入れていく。細かい話はwikiを参照。
・FlashAirの共有メモリのアドレスを見ると、パワーオン(YかN(0))かどうか分かる。
posted by yaasan at 08:11 | Comment(0) | ガジェッド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。