デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年06月25日

ヘキサフィーダ(HexFeeder)基板を組み立てる

DCC館のあやのすけさんから、ヘキサフィーダの基板が届いたので、早速組み立ててみた。

HexFeeder1.jpg

HexFeeder2.jpg

HexFeeder3.jpg

HexFeeder4.jpg

HexFeeder5.jpg

HexFeeder6.jpg

HexFeeder7.jpg

HexFeeder8.jpg

■個人的な感想

このフィーダ、KATO純正のオモチャ分岐器とはワケが違います。大きなレイアウトを持っている人には、たぶん必須のアイテムだと思います。

HexFeeder9.jpg

鉄道博物館のような大きなジオラマで、コマンドステーションから長い配線を引き回すとき、デコーダへ分岐するのにこういう機器があると、非常に便利です。なにせ信頼性の高いネジ端子台で、マイナスドライバーで簡単に配線も固定して、サクッと取り付けできるのです。LED表示でDCC信号が来ていることもバックヤードに入ればすぐに分かります。

また、個人ユーザーでも、KATOの線路でレイアウトを組んでいる場合には、使用しやすいです。

■要望・改善点

いろいろいじって、たくさん要望や改善点が出てきてしまいました。

・基板のパターンはもっと太く。大規模なジオラマだと電流が結構流れます。中継端子台としても使う事になるので。
・基板の真ん中に取り付け用のM3くらいの穴が欲しい。DSturnoutDSservoのような穴です。ベース板に固定する際に、四隅を固定するのは現場施工性が悪いです。軽いですし、大きくも無い基板なので真ん中で1カ所あれば十分固定できます。
・マジックで書くシルクのスペースが欲しい。番号とか、配置を記入するのに使いたいです。
・LEDは2個欲しい。+側と−側。アナログの模型を動かす場合は、LEDの色を分けていると、容易に状態が判別ができます。
posted by yaasan at 22:10 | Comment(3) | 鉄道模型
この記事へのコメント
KATOのフィーダ分岐器、切替スイッチ化改造するためバラした事ありますけど空中配線かつ半田付けになってて笑った記憶が。

アナログで使うなら個別選択スイッチも付けられると集合モジュールとかで使うときには便利かも。
Posted by LOCKE at 2018年06月26日 09:45
真ん中の取り付け穴はチョット考えていましたがパターン引けないから切り捨てました。
LED2個って、保護用ダイオードはどうなります?
パターンは1mm 1Aですね。

そうそう、KATOの奴は空中配線なんですよね。
選択スイッチですか?!
Posted by あやのすけ at 2018年06月26日 18:40
>あやのすけさん

保護ダイオードの代わりにLEDを使います。要は、ダイオードに許容を超えるような逆電圧が掛からなければいいので、逆並列に付けたLEDでも同じ効果が得られます。

ネジ穴はど真ん中じゃなくても、穴のサイズは小さくても良いのであると嬉しいですね。

スイッチは特にいらないと個人的には思います。外せば良いだけなので。
Posted by Yaasan at 2018年06月26日 20:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。