2018年07月02日

DCCデコーダクラッシャー Tomix 5506 N-1001-CLを試す その3

Tomix N-1001-CLのような常点灯対応アナログパワーパック(PWM式)が、DCCデコーダを壊すというネットの情報について、オシロ等の機器で観測を行い、いろいろなメーカーのデコーダを持ってきて、実験を行いました。

DCCデコーダクラッシャー Tomix 5506 N-1001-CLを試す その1
DCCデコーダクラッシャー Tomix 5506 N-1001-CLを試す その2

ESU、Nagoden、Uhlenbrock、ZIMO、Viessmann、DesktopStationで動かしましたが、うまくアナログモードで動かないものはありますが、焼損や故障は一切なしです。他のメーカーも、問題を起こす可能性というのは低いか、もしくは無いでしょう。

DCCデコーダの入力回路は、ダイオードブリッジを使った全波整流回路です。交流が来ようがPWMが来ようが、全部、直流に変換されます。なので、DCCかアナログかの違いによって、DCCデコーダの回路に影響を与える物はありません。
ただし、PWMと平滑化したアナログ値では、取り扱い方が全く異なるので、DCCデコーダのソフトがPWMに対応していないと、フルノッチくらいで暴走するように見えます。暴走しているのでは無く、低速に相当するPWM電圧がソフトで検出が上手くできず、フルノッチ付近しか反応しないので、フルスピードが出てるだけです。つまり、PWMに対応しているかしてないかの違いだけです。

つまり、DCCデコーダが、PWMパワーパックのN-1001-CLと組み合わせると焼損する現象については、原因は機器なのではなく、配線や取り付けにミスがあったという可能性が一番高いと言えます。

この「デコーダがアナログパワーパックで燃える」という情報においては、環境条件が非常に曖昧なこともポイントで、DCCコネクタ搭載車だった、という付随の情報もありません。よって、自分でデコーダ取り付け改造をしたケースで発生していることが推察されます。

バックデータがなかったり、発信源が曖昧な、「DCCデコーダが壊れた」などのネガティブな情報は、基本的に信用しないことをお勧めします。壊れたときは、まずはデジタル鉄道模型フォーラムで相談して、有識者のアドバイスを受けることをお勧めします。

実のところ、こういう改造での悲劇を引き起こす要因となっているのは、言うまでも無くT社です。シェアが高いにも関わらず、世界標準のDCCコネクタやそれに準ずるシステムを車両に搭載しないのですから、問題を引き起こす遠因はT社ということはあながち間違いでは無いとは思います。

N-1001-CLなど買うお金があれば、ミント缶DCCコントローラ4を買うことを強くお勧めします。
posted by yaasan at 20:24 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。