デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年07月03日

DCCデコーダクラッシャー Tomix 5506 N-1001-CLを試す その4

いろいろな方から、フォローをいただいております。

永末(NGDCC)、デジトラックス、MRC、Lenzでも、特に問題はない(壊れない)と連絡を受けてます。

デジトラックスのDH163PSについては、PWMパワーパックでも普通に制御可能(Zimo, Uhlenbrock、SOUNDTRAXXと同じく)との事です。

動かないのでフルノッチにしてフルスピードで走り出した、というのを暴走と勘違い(フルノッチに入れてるし…)しているのが、濃厚そうです。

何度も書いてますが、PWMはDCCデコーダ側でdutyの検出ソフトをちゃんと書かないと低速〜中速を制御できません。ピュアなアナログ(PWM方式ではないもの)向けに作られたデコーダだと、フルノッチ程度まで入れないと電圧を認識できないのです。停止かフルスピードという極端な動きになります。
posted by yaasan at 11:35 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。