デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年10月13日

バッテリー内蔵エアブラシを買ってみた

最近は、いろいろと塗装をすることもあるので、エアブラシが欲しいところですが、ちゃんとしたものを買う場所もテクニックも無いので、手軽にできるものを、ということでハンディーなエアブラシをAliexpressで買いました(10月1日の記事を参照)。このエアブラシ、先日の展示会でアオシマが出していたモノと同じっぽいようです。

届いた箱。とんでもない状況。中身が壊れてないのか不安になりました。

AirBrush1.jpg

中身は意外と平気でした。今までで1、2を争うボコボコの箱でしたが、無事で良かった。

AirBrush2.jpg

説明書はこんな感じで、もう、あとは適当にやってねてきな内容です。

AirBrush3.jpg

組み立ててみました。

AirBrush4.jpg

いったん、付属のUSBケーブルというか昇圧ケーブルで充電して、動かしてみることにしました。いきなり塗料を入れると怖いので、水を入れてみました。

動画:



■充電状態の見方

USBケーブルのUSBコネクタ側に、LEDがあり、緑が充電完了(もしくは接続待ち)、赤が充電中と表示します。

充電中:
AirBrush5.jpg

充電完了(充電接続待ち):
AirBrush6.jpg

■追記

ファレホの塗料(エアブラシ向けじゃ無い)をあまり薄めずに使ったら、速攻で詰まりました。清掃して、かなり薄めたらOKでした。ということでみなさん、ファレホの塗料を使いたい人はエアブラシ用のものを使いましょう。結構、ファレホは粒子が粗いのが原因のようです。ただ、乾燥は本当に早いですね、あっという間でした。

AirBrush7.jpg



■ど素人の感想

エアブラシ初体験でしたが、スプレーよりも、塗布量の微調整が非常にしやすくて、これは良いものだなとよく分かりました。

ただ、ピッタリ合う塗料というのが分からないので、これから勉強していこうと思います。ファレホは合わないというのは分かりました。
posted by yaasan at 16:05 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
アダプターの部分加工すれば、オリンポスやバジャーのスプレーガンもつきそうですね
Posted by ゆうえん・こうじ at 2018年10月13日 22:23
ツイッターで言いましたがそれでも実行されてしまいましたね(笑)
冗談かもしれませんがマジレスすると海外のエアブラシユーザーの多くはファレホを利用しています。
ただし必要な圧力は15〜20PSI(0.10Mpa 〜 0.14Mpa)なのでこうした簡易的なコンプレッサーでは厳しいのだと思います。
なのでやめた方が良いとお伝えしました。これは実はエアブラシ用ファレホでも同じです。
エアブラシ用のファレホでさらにリターダーを使う事で回避が出来ると思いますが簡易的なコンプレッサーではタミヤのアクリル塗料などが良いかもしれません。

後これもツイッターでお伝えしましたが詰まるのは粒子の問題ではなく強い塗膜のせいです。
ファレホやシタデルは水溶性とは言え強力な塗膜が出来ます、霧のようになると当然乾燥が早まりエアブラシのノズルが塗装された状態になります。
と言うわけで高い圧力のコンプレッサーが必要だと言うわけです。
先日私のブログでこの事を書いた所、プロのモデラーのかたに「なかなか認識されていない問題です」とコメントをツイッターで頂きました。
と言うわけで誤解のないようにマジレスさせて頂きます!
https://www.namelesscity.tokyo/2018/09/blog-post_18.html

Posted by Nardi(The Nameless City) at 2018年10月13日 23:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。