デジタル鉄道模型フォーラムのご案内:
DCCやメルクリンなどのデジタル鉄道模型を楽しむ方が集まって、様々な話題でコミュニケーションできる場です。ぜひご登録ください!登録・利用は無料です。

2018年11月02日

DSair2 KITの紹介&組み立て手順

DSair2のKITを本日より予約の方に向けて発送します。

■内容物

DSair2 KITは、以下の物品と、ケースが同梱されます。

DSair2_KIT_1.jpg

■回路図

DSair_SCH_R2c.PNG

■基板のアートワーク

AW_r1c_omote.png

AW_r1c_ura.png

■組み立て手順

Youtubeにはんだ付け動画をアップしました。組み立て難易度は、低〜中です。



■Nanoボード用ファームウェア

DSair2用ファームウェアr2d

※Arduino IDEと、CH340Gドライバが別途必要です。

■大まかな流れ

・内容物を確認する
・半田ごてを準備する
・背の低い部品からはんだ付けしていく
・IC3(平べったいRohm製の部品)は、文字が書かれた方が内側(Nanoボードのある方)です。ボコボコした方は外側になります。
・テスターで、5V-GND, 12V-GNDのショートテストを実施する。IC3の1-2ピン、3-2ピンを使えばOKです。
・ACアダプタを差し込んで、RUN LEDが点滅すればOK。
・ケースに基板をネジ止めする
・前面、後面のパネルを取り付ける。コネクタやLEDの位置に注意。
・ケースで蓋をする
・ケースの上面、下面をネジ止めする
・ゴム足をつける
・USBケーブルでPCと接続する
・ArduinoIDEを起動し、DSshieldFlashAirスケッチを開き、Arduino nanoのボードを選択し、COMポートを直して、アップロードボタンを押す。
・書き込みが完了したら、FlashAirにWebアプリをコピーする(超簡単に設定する専用ツールもあります)
・FlashAirをDSair2のSDカードスロットに差し込んで完成
・ACアダプタを繋いで、RUN LEDがゆっくり点滅すれば正常動作です。

■注意事項・コツ

・D1は、RUNと書かれたほうに、足の長い方を入れてください。

D1 RUN LEDは、適度に長くしてはんだ付けしてください。少し浮かせて、ケースのLED穴に差し込んで完成させるためです。

・SDカードを挿入するときは、水平に差し込んでください。

・何かあればメールではなく、デジタル鉄道模型フォーラムに書き込んでください。
posted by yaasan at 08:03 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。