デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2018年11月25日

DSair2 r2gアップデート

DSair2のファームウェア&Webアプリを更新しました。
今回は大幅なアップデートで、バグが潜んでいる場合もありますので、もしバグがありましたらデジタル鉄道模型フォーラムまで、ご報告をお願いいたします。

■アップデート内容

・アナログDC PWM機能を新規追加

最近のPWMアナログパワーパックで搭載されている機能相当を実装しています。PWMキャリア周波数は31.4kHzで、KATOやTOMIXのPWMアナログパワーパックとほぼ同じ領域を狙っています。

機能デモビデオ:


■ファームウェア

DSair2 r2gファームウェア&Webアプリ

※FlashAirだけでなく、Arduino nanoボードの更新も必要です。

■使用方法

・DCC電源オフの時だけ使用可能です。DCC電源をONすると、強制的にDCCパルスを出し始めます。絶対に、アナログ車両(デコーダ未登載車両)を線路上に置きっ放しにしないでください。
・アナログモード時は、RUN LEDは2秒おきに一瞬の消灯をします。
・常点灯を使用される場合は、左上のランプボタンを押すと、常時、微少な電圧(ACアダプタ電圧の6%相当)を印可します。
・速度カーブの補正は、3つから選ぶことができ、お好みのものをご選択して利用ください。

DCAnalog_CurveProto2.png

■やり残しアイテム

・起動電圧(常点灯の閾値)の調整、設定機能
・アナログ関連の保持機能
・他のスマホとの同期(アナログの場合、あまり必要無い気もしてますが・・・)
・DCアナログ画面の左の隙間を埋めるものを探す
・ピュアアナログ変換アダプタは1月以降リリース予定(価格は3000円程度を予定)

■追記

11/26 AM4:47 ファイルアップしました(アップし忘れて申し訳ありません)
posted by yaasan at 19:19 | Comment(5) | 鉄道模型
この記事へのコメント
リンク先にファイルがアップされていないようです。
Posted by MZI at 2018年11月25日 22:39
申し訳ありません。アップいたしました。
Posted by yaasan at 2018年11月26日 05:42
これは従来のアドレス0のパルス直流運転に、特性変化のオプション機能がついたものと考えてよろしいのでしょうか?
Posted by ゆうえん・こうじ at 2018年11月26日 10:41
>ゆうえんさま
ご指摘の通りです。他のコマンドステーションで言うアドレス0のモードです。
アナログとデジタルを画面で明確に分けて明示しております。常点灯、電圧カーブ調整を設定可能です。

最大電圧や常点灯の調整機能も追加予定です。
Posted by Yaasan at 2018年11月26日 13:23
>ゆうえんさま、Yaasanさま

アドレス0のアナログ車運転とは若干異なるかと思います。

あちらはDCC化されてない動力車を1両だけDCC車両と同居して運転可能にする物で、出力はパルス直流では無くDCC信号のマイナス側の波の長さを変化させて擬似的に直流分を作り出している物だったはず。

DSairのアナログDC PWMモードはDCC線路電源がOFFの時だけ使えるアナログPWMパワーパックモードと言うべきかと。
Posted by LOCKE at 2018年11月26日 18:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。