デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年02月16日

DSbasicで運転支援機能

DSair2にS88を付けなくても、DSbasicで色々遊べます!BASICでこんな運転支援機能を付けてみました。

r2j TEST13cが必要です。

・スロット1(メータ画面の4つの機関車アドレスの左上部分のこと)の速度を監視
・速度が512(50%)を超えると、車内メロディが鳴る
・速度が100以下になると、駅アナウンスが鳴る

言い忘れていましたが、DSairのBASIC機能の特徴は以下です。たぶん、これは他のWi-Fiコマンドステーションではあり得ない機能なはずです。

・BASIC機能は並列処理のため、通常の運転操作と同時に動かせます。
・他のスマホで同じタイミングでBASIC処理しても問題無く動作します。

DSbasic_21.png

BASICプログラムは以下の通りです。whileは永久ループにして、速度をずっと監視するようにしました。
プログラムを止めるには、RUNボタンをもう一回押すと強制停止になります。

--------------------------------------------------
screen(7)

print "Announce supporter"
print "Addr:";getslotaddr(0)
print "Speed:";getslotspd(0)

state=0
currentspd = getslotspd(0)

while 1

sleep(1000)
if currentspd<>getslotspd(0) then
print "Current Speed is ";getslotspd(0)
currentspd = getslotspd(0)
end if

if state=0 then
if getslotspd(0)>512 then
state = 1
print "Next Station"
mp3play "JR車内メロディ_03.mp3"
end if
end if

if state=1 then
if getslotspd(0)<100 then
state = 0
print "Stop at Station"
mp3play "47-長谷川浩大 _ 氷川台B線.mp3"
end if
end if
wend
end
--------------------------------------------------

DSair2の奥の手が、このBASIC機能だと思ってます。他のコマンドステーションでは出来ないことの多くが、DSair2でできるようになります。次の正式版で、BASICを前面に出して、いろいろな遊び方を提案していきたいと考えております。ユーザーの作成したBASICのプログラムも、共有できる場をデジタル鉄道模型フォーラムなどで設けたいです。
posted by yaasan at 12:44 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。