デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年02月26日

ポイントの進行方向表示用LED基板を作ってみた その2

KATO HO 4番ポイントRの方もやってみました。

以前に作った、スマイルデコーダR3のポイントスケッチが既に搭載済みで、非選択式になっているものです。

TurnoutLEDPCB_20.jpg

TurnoutLEDPCB_21.jpg

LED基板とポイント基板を配線していきます。

TurnoutLEDPCB_22.jpg

可動部の銅板に半田付けしますが、半田付け箇所を真ん中の軸のところにしないとうまくポイントが動きません。皆様もご注意ください。

TurnoutLEDPCB_24.jpg

デコーダ搭載済みなので、コマンドステーションでそのまま動かせます。

TurnoutLEDPCB_23.jpg

■告知

DesktopStationのコマンドステーションを持っている人限定&自己責任・何があっても自分で解決できる方向けに、16個分の基板と、4.7kオーム抵抗(おまけ。数量は適当)をお付けして、100円でお譲りします。3mmΦのLED(何でもOK)と、ダイオードは秋月電子で購入ください。はんだ付けには注意事項があります。その1をご確認ください。
なお、LEDは無極性タイプにするとダイオードを省略できます。コスト的にもはんだ付け的にも有利です。

購入方法: DesktopStationShop特殊注文で1点(100円)をカートに入れ、備考欄に「ポイント用LED基板希望」として注文ください。送料200円。

なお、多くの人に行き渡るように、お一人様1点までです。また積極的にSNSやブログで発信頂ければ幸いです。
好評ならキット化も検討します。
posted by yaasan at 08:15 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。