2019年03月16日

DIGSIGHT(DynamicCore)のサウンドデコーダを動かしてみた

中国DIGSIGHT(DynamicCore社)のサウンドデコーダ No.5313 (NEM652 8ピン)を買ったので、動かしてみました。

サウンドデータは、Taurusを指定しています。

DIGSIGHT_5013_1.jpg

■デコーダの写真

DIGSIGHT_5013_2.jpg

DIGSIGHT_5013_3.jpg

DIGSIGHT_5313_3.jpg

DIGSIGHT_5313_4.jpg

DIGSIGHT_5313_6.jpg

DIGSIGHT_5313_5.jpg

■動画



■まとめ

・DSblueboxで、CV読み出し・運転操作はOK。
・マイコンはマイクロチップのPICっぽい。
・Taurusのデータを書き込んでもらいましたが、サウンドの質が非常に低い(データの作り方が酷すぎるのだと思います)。ビデオ参照。
・サイズはHO向けですがそこそこ小さい。
・スピーカーが謎の形状。
・107.75USD(12000円くらい)でしたが、その価値はなし。サウンドデータが書き換えできるなら良いが、現状、まともに書き換える環境が無いので、価値が低いと言わざるを得ない。

■結論

はっきり言ってお勧めできません。サウンドの書込みツールも、何度やってもダウンロードに失敗しますし、ツールのアップデートもあまりされていない模様。ハードは出来たがソフトやサウンドの充実化に失敗してるようにしか見えません。

もしかすると、中国の車両のサウンドの品質は高いのかも知れませんが、実際の音を聞かないと、判断は難しいでしょう。5000円でも、サウンドがこのざまでは、欲しくならないですね。
posted by yaasan at 16:14 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。