デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年03月27日

LokProgrammerの使い方

オープンサウンドデータで使用することになるESUのLokProgrammerですが、いろいろと新旧グチャグチャで、まともに使おうと思ったらハマること間違いなさそうなので、簡単にメモしておきます。

まず、ESUの公式ページにまともなマニュアルはありません!あるのは、2009年の古いPDFマニュアルだけです。画面も機能もほぼ違うモノと思った方が良いです。

代わりに使うべきものとして、大きく2つあります。書込みしたいだけならば、kumaさん執筆のLokProgrammer スタータガイドです。日本語で書かれており、一番最初に読んで、この通りに操作すれば、LokSoundにサウンドやデコーダの設定を書き込むことができます。

次に、バリバリとサウンドデータを作成したい方向けには、有志が書いている非公式マニュアルがお勧めです。こちらは最近のバージョンに沿ったモノで、こちらは非常に参考になります。

The DCC Guyで公開されている、LokProgrammer_ESU_EN_manual_edition_I_v1_eBookです。

あとは、よく聞く質問を一刀両断。

■ドライバーがインストールできません!

Win7〜Win10までドライバーのインストールは自動で行われます(FTDIのドライバをそのまま使います)。
COMポートの認識がされているかだけ確認します。

※DesktopStationのソフトでも、たまにXPやVistaを使う方がいらっしゃいますが、XPやVistaを使うのは論外です。サポートの終了したOSを使う事は、完全自己責任で使うべきで、質問をすることはナンセンスと言わざるを得ません。

■ACアダプタはどうすればいいですか?

DSmainやDSair2で使えるACアダプタがそのまま使用できます。コンセント形状の違う、付属のACアダプタをあえて使う必要はありません。なお、ACトランスをつっこんで壊れても知りません。

内径Φ2.1mm センタープラスで、12V〜16VのACアダプタです。DSair2向けの説明ですが、wikiを確認下さい。

■サウンドファイルをLokSound5用にするには?

実はデコーダをLokProgrammerと接続した状態(車両搭載済みならレールに出力線を配線する)で、そのまま書込みボタンを押せば、LokProgrammerが自動検出して、切り替えてくれます。ユーザーが、ファイルを開いてデコーダを再選択する必要はありません。

■音は変わるけれども、細かな設定が反映されていない?

サウンドデータの書込みと、モータ設定やファンクションマッピングなどの設定は別に書き込まないといけません。つまり2回、書込みボタンを押す必要があります。



■LokProgrammerが売ってない

国内でも売っている店は限られますので、ドイツのlippeから輸入などの選択肢があります。lippeで134EURで購入できます。あとは、持っている友人に頼む等の方法もあります。

■LokSoundは高い

独自にサウンドを作って売っているお店で買うと確かに高いです。一番安く買う方法は、lippeなどの海外の通販対応店で購入することです。LokSound 5 microで99EUR(12000円くらい)です。ここぞ、という車両に入れるのであれば、リアリティあるサウンドが手に入ることを考えれば、そんなに高くないと思うのですがどうでしょうか。

なおオープンサウンドデータは無償(さらに超高品質!)なので、実質的に、12000円で25000円相当のものが手に入ると思えば爆安と思いませんか??

■音量が小さい

CVで設定変更します。CV63はデフォルト64ですが、192まで値を大きくできます。大きくするとうるさくなるので要注意です。

■BEMFを調整する

Nardiさんのところで紹介されてますが、CV54に0を設定して、F1を押して自動チューニングをして調整できます。なお、ウチのトラムウェイHOキハ40では、CV54=146になってました。

■esuxファイルからサウンドを抜き出せないか?

esuxファイルを解析中です。FLACで可逆圧縮しているようなので、ファイルデータの配置が分かれば抜き出せそうです。暗号化されていたらアウトですが、たぶんそんなことしてないと思うので、配置情報がどこかにあるので抜き出すか、FLACのヘッダ(fLAcの識別子は無かったのは確認済)の部分をうまく抽出できればどうにかなりそうです。

※LokProgrammer自体は逆アセンブルしてません。データファイルだけ解析してます。
※著作権を侵害する目的ではございません。あくまでもデータ紛失の際のバックアップ目的です。

■車両にデコーダを組み込むのが大変

日本の模型メーカーの協力なしには、この部分はどうしようもないのが実情です。オープンサウンドデータをもっと宣伝して、大幅な普及に繋がればメーカーも動かざるを得なくなります。DCCコネクタ搭載の可否はユーザーニーズ次第とメーカーは宣言していますので、ユーザーがどんどんDCC化を進めたり、オープンサウンドデータを一緒に広めてくれることが、模型をもっと楽しくするために不可欠です。

オープンサウンドデータのチラシは当方でも保有しておりますので、宣伝に協力してくれる方はご一報下さい。また、Webでもどんどん紹介して下さい。

■オープンサウンドデータの種類が少ない

上記と似たような話ですが、ユーザーが増えないと、こちらもサウンドの種類を増やせません。無償なのにどういうことだ、とお思いになると思いますが、無償だからこそ、モチベーションを常に高くする必要があります。モチベーションは、ユーザー数の多さ、反響の高さで決まります。

オープンサウンドデータのサウンドがもっと欲しい!とお考えの方は、オープンサウンドデータを広める協力をぜひともよろしくお願いします。
posted by yaasan at 07:38 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。