デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年04月21日

DCCでデジタル照明を制御する その2

デジタル照明システムのDMX信号を生成するDCCデコーダ「DSdmxdec」のハードウェア設計を行いました。使用したのは、USB端子を持つ、Arduino Pro Micro互換ボードベースにしました。

DSdmxdec_AW1.png

どこかで見たことがあるとお気づきの方も多いと思います。世界で一番新しいNMRA認定DCCメーカーであるMasion de DCCさんの得意技である、合体技をインスパイアして、DSwatchと統合しました。画面は、LCDからOLEDに変更し、表示データ量を増やしたことと、USB端子を付けたことで、PCへのロギングも可能になりました。

Arduino Pro Microは、ATMEGA32U4を使用していて、UARTが自由に使用できます。つまり、DMXの通信処理をUSBシリアルに占領されずにできるため、非常に実装のしやすさ、デバッグ効率が良いのです。OLEDを付けたのは、DMXへのコマンド状態を表示したかったためです。

設計を作り込んでいたら、DSwatchと同じになってしまったので、このたび、ハードウェアの統合を決断しました。

dsdmxdec_aw_image.png
posted by yaasan at 17:47 | Comment(3) | 鉄道模型
この記事へのコメント
このような照明関連など、車両やレール制御以外のDCC技術の応用が進めば、ドイツのミニチュアワンダーランドのお座敷用ミニミニ版ができそうですね。
Posted by Eva Pod at 2019年04月21日 20:16
DCCを車両走行用に限定せず、制御信号が乗った電源系と考えてもよいと思います。
レイアウト本体の線路走行電源は従来のDCでも、ポイントマシンなどをDCC化すれば、配線がかなり簡単になると思います。
特に組み立て式レイアウトでは、ポイントマシン配線用電線やコネクターが大削減できるので、デコーダー代差し引いてもかなりお釣りがでると思います。
Posted by ゆうえん・こうじ at 2019年04月22日 09:16
Layout Command Control (LCC) ですね。
Nゲージでは、DCCよりむしろLCCに特化した方向性へのアプローチも有効なのではないか?最近とみにそう感じるようになりました。
Posted by 戸田 at 2019年04月22日 12:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。