デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年04月26日

オープンサウンドデータの動向調査

オープンサウンドデータは、第三弾まで公開し、いったん落ち着いた状況です。
今後をどうするか、いったん皆様の忌憚の無いフィードバックを頂きたく、よろしくお願いします。

アナログユーザーも協力ください。実はオープンサウンドデータは天賞堂のカンタムのようにアナログ環境でも楽しめるように設計されてます。(PWMパワーパックを使う場合はピュアアナログアダプタ必須)

収集期間:4月22日(月)〜4月26日(金)

オープンサウンドデータ市場調査

■この調査の目的

・オープンサウンドデータの利用者数、興味のある人のサンプリング調査
・今後の運営のバックデータにする。特に模型メーカーに陳情活動で、このDCCユーザー数が相当生きてくる(ユーザー数が1000人なのか100人なのかで話が違う。)
・第四弾、第五弾の実施の必要性(多くのニーズが無いなら投資できない!)の検討も含みます。
・オープンサウンドデータのクリエイターへのフィードバック、モチベーションアップのため。

■追記(2019/4/23 8:15現在)

今現在、そこそこの人数になっております。ご協力に感謝します。今瞬間の概要グラフです。
日本の鉄道模型人口の90%がDCC・・・なんていうことはなく、アナログユーザーにアンケートを答えてもらえていないと推察できます。

Graph_enquet0423.png

今のところ、誤解を招くだけなので人数は具体的に出しませんが、この人数規模では、模型メーカーへの陳情にはまだ弱いです!逆にDCCに興味の無い方でもOK!アナログユーザーの本音もぜひともお聞かせ下さい。多くの人の協力をお願いします。

DCCコネクタ装着は、実はアナログ模型ユーザーにも、高品質なサウンドを簡単に追加できるという点でメリットがあることは昨夜、記事で紹介しました。Tomixのパワーパック(ピュアDC)でDCCサウンド車両が普通に動くんです!アナログサウンド車両と見ても、価値は大きいと確信します。

オープンサウンドデータは、サウンドデータ作成に集中してお金を掛けているため、ニュースサイトや雑誌等への高額な宣伝費が掛けられません(記事にしてもらうには結局、お金が必要なのです)。皆様一人一人の口コミが頼りです。ご協力をお願いします。

オープンサウンドデータのチラシはこちら (PDF, 1.5MB)

※印刷・電子データの転載は自由に行なって構いません。オープンサウンドデータの紹介に活用ください。
posted by yaasan at 22:21 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
はじめまして、
広報担当の帷(カタビラ)泰文です。

当クラブはDCCに特化したクラブとして
DCCの普及に関西から今月、発起しました。

現在のところ、8名が発起にあたり参加の
意思を確認しました。

モジュール集合式レイアウトでZ21の制御器
を使用するDCCに特化したクラブを目指します。
Posted by 播磨模型鉄道クラブ at 2019年04月22日 14:04
コメントありがとうございます!
8人の方、全員、アンケートへの記入を是非ともよろしくお願いいたします。

サークルの紹介や活動報告などは、ぜひともデジタル鉄道模型フォーラムをご活用下さい。
Posted by Yaasan at 2019年04月22日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。