2019年05月08日

ソフト作成中

完成はいつになるか、全く読めませんが、今日の朝からコツコツとこんなソフトを作成し始めました。日本のとあるDCCメーカーのPCツールと完全競合ですが、それも想定の上です。

CVEditor_Concept.png

対応機器は、USB接続モードを持ち、CV読み出し可能なDesktopStationのコマンドステーション(DSone, DSmainR5以降, DSair2)です。DSの野良コントローラをお持ちの方ももちろん、CV読み出しできるならサポートします。

DesktopStation Sotwareから、CV編集機能を分離する方が、機能としては明確化するという判断です。
また、LokProgrammerを使ってて調整しながら運転、と言うケースでは、DSblueboxよりもPCを使う方が良いケースもあると思ったためです。

なお、一応、競合ツールのINIファイルを読み出せるように実装しますので、競合ツール向けにデコーダのINIファイルを作成されている方は、DesktopStationにINIファイルを寄贈頂けると非常に助かります。なお、競合社が作成したINIファイルを、当ツールに利用される場合はライセンス違反・不正利用になりますので、ご注意ください。

やる気がいつまで続くか不明ですが、とりあえず、通信周りはある程度できたので、読み出し機能をコツコツとこれから実装していきます。DSair2も値上げしたので、その分、ソフトを充実する方が良いと思っていますが、反響次第でどこまで作り込むかは決まってくるかと思います。

今の構想としてはソフトウェアスイートとして、CameraS88、このソフトをワンセットにして、インストーラー付で頒布するようにしたいと思います。ソースコードは、コピー&ZIPにするのが面倒なので、0.97からソースコード添付をやめてます。
posted by yaasan at 08:52 | Comment(5) | 鉄道模型
この記事へのコメント
競合ツールみたいにスピードテーブル編集機能があると期待が増します。
Posted by LOCKE at 2019年05月08日 12:31
某PCツールにはない(と思っています)、インデックスレジスタ対応のCV一括読み書きが出来ればメンテナンスツールとして最強になるのではないでしょうか。
Posted by komzo at 2019年05月08日 18:53
楽しみにしています。
Posted by k-waka at 2019年05月08日 19:56
Yaasanが作られているのとおなじようなものを、エクセルのVBAを使って作成中です。
私のところは、USB接続のみでなく、DSair2へのwifi接続もできるように作っていますが、Yaasanはwifi接続は考えておられないのでしょうか?
Posted by ゆうえん・こうじ at 2019年05月09日 01:12
みなさま、コメントありがとうございます!

スピードテーブルの編集、インデックス編集機能、了解しました。TODOリストに入れておきます。

WiFi経由ですが、できないことは無いのですが、ウェイトが大きく、結果として読み出しスピードが遅くなるので、基本的にはUSBモードの方が現実的と思っており、実装はあまり考えておりません。
Posted by Yaasan at 2019年05月09日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。