デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年05月23日

KATO HO E5をDCC化する(リベンジ)

2013年12月に購入した KATO E5 HOですが、当時はメルクリン3線式(AC式)しか持っていなかったので、3線式改造をしていて、結局、台車モータを壊して修理不能に陥っていました。

KATO HO E5 3-516を購入
KATO HO E5 (3-516)の三線式改造

もうこんな頃から6年近く経ってしまい、相変わらず、日本でDCCが全く普及していないのは何も変わっていませんが・・・。

海外でもDCC改造される記事が掲示板に掲載されていたり、昨年のDCCfestでつじるさんがE5系のDCC化をしたりと、レビューが増えています。

Kato HO E5 (JNS Forum)
(HO) KATO E5系のDCC化 つじるさん
KATO HO E5系 新幹線をDCCされている方々

今回、偶然にも、壊した台車モータ(1-429D1)をユーザーさんの余剰品から譲渡して頂いたので、手持ちのE5を修理し、DCC対応することにしました。入手困難で、手に入らず困っていたので本当に助かりました。

HOE5_1.jpg

HOE5_2.jpg

モータから出ている線は、台車の接触ピンにあたっているのでピンセットで引き抜きます。

HOE5_3.jpg

HOE5_4.jpg

半田ごてで、接触用の板バネを取り外します。

HOE5_7.jpg

これでは配線の長さが足りないので、継ぎ足ししますが、熱収縮チューブで絶縁処理をします。

HOE5_8.jpg

HOE5_9.jpg

車両側に穴を空けて、モータへの配線を引き通せるようにします。

HOE5_5.jpg

HOE5_6.jpg

いろいろこねくり回して、できたのが以下の通りです。まだ急カーブでの走行試験はしておりません・・・。

HOE5_10.jpg

完成した様子。LokSoundの余剰が無いので、とりあえずLokPilotを装着。

HOE5_11.jpg

こうなると、E5系のサウンドが欲しいところですが・・・。肝心のKATO HO E5がDCC化が相当に難易度が高いので、DCCサウンドなどという言葉もあまり言えない状況です。訪日外国人に買ってもらう事もできず、本当に中途半端な商品になってしまってます。値段が1万円上がってでも、DCC対応が容易にならないと、海外に日本型鉄道模型を売るのは難しいと思います。

パフォーマンスの低い、ただ走るだけの安い鉄道模型より、DCCサウンドへの拡張性や世界に売って稼げる商品に昇華して頂きたいです。日本だけで売るのは本当にモッタイナイ。このE5は塗装や作りは素晴らしく、大変高いポテンシャルを持っているので、ぜひともDCCサウンドのための動力の改良を今後、して頂ければと思います。

・・・個人的には、頻繁に乗る、イスが硬くて座り心地が微妙なビジネス新幹線の方が外人いっぱい乗ってますし、知名度も高いので海外にも売りやすくて良いと思いますけど・・・。
posted by yaasan at 07:23 | Comment(2) | 鉄道模型
この記事へのコメント
DCCとは関係ありませんが、この動力のウォームは三条ウォームです。
車輪まわすとモーターが逆回転しますよ!
Posted by ゆうえん・こうじ at 2019年05月25日 14:26
コメントありがとうございます。
さすがに怖いので車輪を回さないようにしたいと思います。
Posted by yaasan at 2019年05月25日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。