デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年06月12日

Next18基板シリーズ

ExpBoard(KATO,NEM652)の在庫が復活しました。基板色を黒にしたので、目立たなくなったと思います。

さて、Next18対応のExpBoard基板各種が出来上がって、とりあえず動かせました。

Next18_boards.jpg

Tomix車両向けのExpBoardはNゲージにも入りそうな感じです(115x12mm)。基板は薄くても問題無さそうなので、0.6mm厚にして、Next18コネクタを実装しようと思います。

tomix_exp_nscale.jpg

Next18実装済み基板の製造にも着手を始めました。オープンサウンドデータミーティングに間に合わせたいと思います。

Next18の引き出し基板はかなり出そろってきましたが、LokSound5 micro以外に国内だと入手が難しいと言うのはよく分かっているので、対策を今準備中です。今月中には、準備が整うはずです。ウチではデコーダ作るのが難しい(労力的に)ので、外部からのOEM調達を行う予定です。

OEM調達予定品: Laisdcc社 860015 Next18対応DCCデコーダ

まさかコンペチターからOEM調達するとは思ってもいなかったですが、DCC電子工作連合でも開発がまだ完了していないこともあり、現時点では最適解と思ってます。価格帯としても、ワンコインデコーダほど爆安にはできませんが、EM13よりは安価にできそうです。

なお、laisdccのデコーダの致命的な欠点として、Keep Aliveコンデンサを付けると暴走する事があります(原因は電源回路をケチりすぎていること。基本中の基本である電源立ち上がり・瞬停の対策がなってない。)。対策品は少しずつ出ているようなのですが、Next18版のシリーズが出てないので、コンデンサは使わずに、動作確認ということを前提に使用するのは問題ないです。LokSoundをいきなり差し込むのは怖いですのでこれで動作確認用途でいただければと思います。
posted by yaasan at 06:08 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。