デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年06月17日

LokSound5でKeep-Aliveコンデンサ

デジタル鉄道模型フォーラムで質問が出たり、たまに聞かれることなのですが、意外と皆さん知らないようなのでここで紹介します。

説明書にあるとおり、デコーダに端子が出ていて、ESU純正のPowerPackMini以外にも、普通の電解コンデンサ+ダイオード&抵抗を接続できます。後者は、以前に紹介した、トマランコンデンサです。

LocSoundKeepAlive.png

LokSound5には、100uFのタンタルコンデンサが入っているだけなので、心細いところです。LokSound5 microではさらに小さい容量のコンデンサになっています。一部でウソ情報が流れていますが、LokSound5(無印)には、PowerPackMini機能は入ってません。PowerPackMini機能が入っているのは超大型のXLタイプ(Gゲージ向け)です。

また以前に紹介しましたが、LokSound側の電圧設定(LokProgrammerを使う)をちゃんとやらないと、PowerPackMiniは正常に動作しません。デフォルトは13.5V付近になっているので設定を変更せずに12Vで動かすと全く効果を発揮しません。使い方には十分注意が必要です。

一方でトマランコンデンサはシンプルな回路なので、電圧に関係なく動きます。ただ、効力はPowerPackMiniには劣ります。これは価格差の問題ですから仕方ありません。どこまで効果を求めるか、という個人の判断に委ねる部分です。

と言うことで、LokSound5(無印)やmicroの集電不良対策としては、やはりコンデンサをいれる方が改善します。なお、ESUの説明書では、ダイオードは1N4007が指定されていますが、コンパチ品やショットキーバリアダイオードで電流定格が1A以上のものを選定すれば問題はありません。

いろいろ考えると大変なので、なごでんさんのトマランコンデンサキット(コンデンサ別、秋月電子の1000uF/25Vが好適)を買われるのが一番早くてコンパクトです。DesktopStationで開発した商品ですが、なごでんさんに製造・販売を移管しております。



と言うことで、オープンサウンドデータでLokSoundが大いに盛り上がっておりますが、さらに安定動作のために、6000円近くするESU PowerPackMiniを買うのはちょっと・・・と言う方は、トマランコンデンサをお試ししてみてはいかがでしょうか。

ご注意:
DesktopStationとESUはコンペチター同士です。ESUに関する悩み相談や質問は、公開の場で、ルール上、メーカーを問わないデジタル鉄道模型フォーラムを使って頂くことを原則とさせて頂きます。
posted by yaasan at 08:02 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。