2019年07月03日

TORM TC-002を買ってみた

先日、タムタムに行って、TORM. TC-002パワーパックを買ってみました。目的は、ピュアアナログアダプタが使えるかどうかです。

TORM_1.jpg

ACアダプタは12Vです。表記の日本語が怪しい。

TORM_3.jpg

ウチの実験環境。ちゃんとモータ負荷を使って測定してます。

TORM_2.jpg

実験結果は以下の通りです。

生パルス:
TORM_RAW(NOFILTER).png

ピュアアナログアダプタ通過後:
TORM_FILTERED.png

22〜23kHzあたりのPWMパルスです。特にKATOのパワーパックSXのような低周波の重畳は無いです。
ただ、フィルタを通した後に脈動があります。PWMパルス(生パルス)の立ち上がりが妙にゆっくりになっているので、これがフィルタ除去をうまくできない、悪さをしているような気がします。回路分析は何もしてませんが、MOS-FETのゲート抵抗が大きするのかも?

と言うことで結論から言うと、PWMパルス除去の効果は確実にあるけど、2kHzの謎の電圧脈動が残る、という結果でした。TORM TC-002をピュアなアナログにするには、ちょっと効果は薄いので、Tomixのパワーパック(N-1001-CL)のような絶大な効果は発揮できないということもあり、強く効果があることは謳えませんが、PWMパルスの影響は大幅に低減できますので、気になる方(コアレスとか使いたい人)はピュアアナログアダプタをぜひともご活用頂ければ幸いです。

-------------------------
おまけの分解写真。

TORM_4.jpg

TORM_5.jpg

5Vのマイコン入っているっぽい?ICEコネクタがあります。

TORM_6.jpg
posted by yaasan at 08:38 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。