2019年07月03日

Blocklyを使って自動運転プログラムができないか? その11

Education Platformも一通り実装しましたが、何か足りないなあと思っておりました。

よーく考えたところ、「Scratchは変なネコをしゃべらせる機能があったな!」と思い出しました。

block7_3.png

しかし、弊社にはこんなゆるキャラ・・・いますが、全身のものがないのでどうしたものかと思ったところ、でーこちゃんがいることを思い出したので、早速作り込んでみました。

「でーこ」ブロックを追加しました。

block7_1.png

こんな感じで、へんなネコに負けない、ちゃんとおしゃべりをしてくれます。吹き出しをコミカルに動かして、アニメーションっぽくしようと思いましたが、難易度が上がるので今はこれで勘弁して下さい。

block7_2.png

実際に動かすとこんな感じです。吹き出しは2.5秒ほど表示したら自動で消えます。



こんなの、どうやって使うんだと思う方もいらっしゃると思いますが、printfデバッグやメッセージ表示、状況表示で意外と使えます。Scratchを見て最初、「こんなへんなネコ、何に使うんだ」と思ったのですが、いじってみたら、このネコいないとScratchは成り立たないなと感じるくらいです。

でーこちゃんの表示機能は、次のアップデートで反映されます。

■追記

吹き出しを動かすのは意外と簡単でした。



あと、ようやく、テキストの引き出しを活用できるようになりました。変数などを組み合わせて文章を作って、でーこちゃんにしゃべらせることができます。

block7_4.png
posted by yaasan at 21:19 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。