デジタル鉄道模型フォーラムDCC・メルクリン等のデジタル鉄道模型の話題でコミュニケーションできる場です。登録・利用は無料です。
デスクトップステーション(DesktopStation)のページはこちら
・無料の日本型超高品質DCCサウンドデータをWebで配布中!
・鉄道模型をスマホで簡単制御!国産で革新的なコマンドステーション DSair2はこちらから。

2019年07月12日

でんてつ工房 東武8000系(冷房改造・2両固定車)を買った

大枚をはたいて、でんてつ工房 東武8000系(冷房改造・2両固定車) セイジクリームを買ってきました。本当は修繕後のものが欲しかったのですが、全て完売とのこと。

結論から言うと、今までなんで知らなかったのだと後悔するレベルでした。もっと早く買うべきだった。超満足。プラも悪くないんだけど、金属、凄いですね。手作りなはずなのに超精細。絶対に自分にはできない工芸品!というべきものです。大枚はたく価値があることを、恥ずかしながら、今思い知りました。

そして、これがDCCサウンド&ライト系を操作可能&自動運転でバリバリ動いたら、絶対に楽しいと思います!絶対に完全なDCC化をやるぞと決心しました。

とりあえずいろいろな角度から。

dentetsu_tobu8000_cream_1.jpg

dentetsu_tobu8000_cream_2.jpg

dentetsu_tobu8000_cream_3.jpg

dentetsu_tobu8000_cream_4.jpg

ということでデコーダを積むために速攻でバラしました。

dentetsu_tobu8000_cream_5.jpg

dentetsu_tobu8000_cream_6.jpg

室内灯、ヘッドライト・テールライト・行先表示幕の照明の4つがあります。まだ回路の確認できてないので、とりあえず後回しにして、サウンドと走行だけを先に行うことにした。

dentetsu_tobu8000_cream_7.jpg

無かったことになりつつある、ExpBoard for Tomix HOをぶった切って使用。こういうことも想定して作っていて正解だった。生贄デコーダのLaisdccで動作チェック。

dentetsu_tobu8000_cream_8.jpg

問題ないので、LokSound5 microを装着。

dentetsu_tobu8000_cream_9.jpg

上側をかぶせると、予想外のトラブル。以前にツイッターで騒がれていた、発進と停止でカックンするトラブルが発生です。上側をつけないと起きなかったので、これは100%慣性の影響です。つまり、BEMFのゲインがでかすぎるか、速度調節器のデフォルト値が悪く、積分器が飽和しているということです。積分器が飽和しないように、比例ゲインを高く設定しないといけなさそうです。

このモータ、かなりの低電圧でも走行してしまうのと、車両の重たさのアンバランスがあるので、プラに比べて調節器のベストなパラメータが狭く、このような現象につながるのでしょうね。3連休で調整していきたいです。

■東武8000の今後のTODO

・ライト系も配線 全部チェック、AUXとヘッドライトへの割付
・カックン抑制のCV調整、音量調整
・T車のデコーダ装着(LokPilotかlaisdccかどっちか)
IMONの導電カプラー?対応らしいので、買ってきて変更する作業。
・消費電流測定(Next18でも大丈夫そうという直感はありますが念の為)
posted by yaasan at 21:07 | Comment(0) | 鉄道模型
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。